生活百科
生活百科
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

ランドクルーザー200概要

生活百科

ランドクルーザー200概要
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

ランクル200のパッケージング

「ランドクルーザー200」の魅力をあげたら尽きることはないですが、パッケージングの進化も魅力のひとつです。
前モデルと同様の3列シート、8人乗りの設定ではありますが、室内空間の拡大によって、より快適性が向上しています。

「ランドクルーザー200」の全長は65mm延長されているが、室内長は更にその上を行く175mmも拡大されているのです。
これはV型エンジンの搭載をしたことでボンネットを短くし、同時にフロントウインドウを前方に押し出すことが出来たことによります。

室内長を延ばすことが可能となったため、2列目と3列目の間のレッグスペースを拡大し、又、2列目のシートがスライドできる寸法も105mmと設定されています。
もちろん荷物を乗せるラゲッジスペースも拡大されています。

シートアレンジも多彩で、3列目のシートが簡単に格納でき、大きな荷物を乗せる場合などラゲッジスペースをより有効に使える様に配慮されています。
空調機能としてはエアコンを前後左右の4ゾーンで調整可能なオートエアコンが装備されています。
ここまで至れり尽くせりであると、高級セダンやミニバンにも劣りません。

前モデルの100系のオーナーであれば、新型200に乗り込んだ瞬間にスペースが拡大されていることに気が付くでしょう。

これまでオフローダーやサーファー、スノーボーダーなどに人気の高かった2列シートのバンタイプは残念ながら200系では設定されていないが、2列目もタンブルさせればかなり大きな荷物を収納可能となっていますので利用価値は変わらないでしょう。


陸の巡洋艦ランドクルーザー200

ランドクルーザーがフルモデルチェンジされました。
トヨタの「ランドクルーザー」は初代誕生から国産車としては最古となる50年以上の長い歴史を持っています。

「ランドクルーザー200」は、「キング・オブ・4WD」の開発テーマに見合う、トヨタのハイテクノロジーを駆使したプラットフォーム化や最新サスペンションを装備しています。
最新トレンドや環境対応に合わせ、高出力、低燃費を実現し、V8-4.7リットル2UZ-FEエンジンは、吸気側にVVT-iを装着することで、全モデルから53馬力出力向上させながら燃費も向上させています。

今回のフルモデルチェンジはエンジン以外の様々な部位も向上しています。
デザインやフレーム構造は継承しながら、強度や耐久性の向上、合わせて衝突時の安全性や走行快適性を合わせ持つ、バランスの良い仕上がりとなっています。
トヨタテクノロジーは、新開発サスペンションの搭載やエンジン、ブレーキの自動制御機能、世界初となる悪路での走行補佐機能クロールコントロールも搭載されています。

ランドクルーザーと言う名前は誰もが良く知っていますが、あらためて「陸の巡洋艦」と言う訳を実感させられます。
世界最上級のSUVにベストマッチな命名ではないでしょうか?
50年前に車名を決めたトヨタのイメージに合う開発とこだわりを感じます。

「ランドクルーザー200」は購入価格も最高級らしく高価ではありますが、どうしてもオーナーになりたくて仕方がない方は沢山居るのではないでしょうか

ランドクルーザーのリフトアップ

ランドクルーザーをカスタマイズするオーナーは多いですね。
オリジナリティー豊かなランクルが出来上がって注目度もアップします。
カスタマイズのカテゴリにリフトアップがあります。
リフトアップは改造費用も多くかかりますのでよくメリット、デメリットを把握しておく事が必要です。

リフトアップして機能上メリットがあるのは、車高が高くなるのでオフロード走破性能が向上します。
ランクルオーナーはアクティブな方が多いので、海亀に気を付ければ砂浜でのサンド走行を楽しめますし、ジェットスキーを波打ち際付近で上げ下ろしすることも出来ます。
山を攻める場合もリフトアップしたランクルであれば林道走行をより楽しいものにしてくれます。

市街地での走行も例えばコンビニの駐車場などに入る場合、セダンや車高が低いクルマであれば、縁石に気を使う所ですが、リフトアップしていれば難なく乗り越えることが出来ます。

又、これはある意味自己満足的な欲求であるかもしれませんが、周りの乗用車を眼下に眺めながら走行する快感は味わったことのある方しか分からないでしょう。
先の先までの車両が確認できるのも安全走行には利点でしょう。

逆にリフトアップすることで、デメリットになることは、車両構造上、ロスが発生するので燃費は落ちます。
もし3インチ以上リフトアップしたら、安定感が低下し、走行中わだちにハンドルを取られやすくなります。
又、車体周りの死角も増加しますので、巻き込み事故には注意が必要となります。

ランクルプラドの仕様


トヨタが誇るランドクルーザー。
現在では「キング・オブ・4WD」として世界トップクラスの機能と性能を持っています。

ランドクルーザープラドも100系や200系と比べ、コンパクトでありながら、世界中で愛されるランクルシリーズの一員です。
プラドのランクは、最も大型のランクル100系、200系と、ヘビーデューティーモデルの70系との中間にあたる設定です。
乗用車として豪華なインテリアを装備しながらも、100系よりもコンパクトで安価であることから「ランドクルーザー」シリーズの中では親しみ易いクルマではないでしょうか。

コンパクト、小型と言っていますが、ボディサイズは全長4715mm×全幅1875mm×全高1870mmと他のSUVと比較すると結構な大きさです。
これは5ドアのロングボディの大きさですが、設定には3ドアのショートボディもあり、全長4340mmと若干短い仕様となっています。
ショートボディは、短く軽い為、オフロードの走破性に長けていて人気が高い様です。

ロングボディの魅力のひとつとしては、3列シートの8人乗り設定なので、大人数を乗せるミニバンとしての使用も可能となります。

ランドクルーザーの特徴は、車両構成としてフレームの上にボディを乗せると言うところです。
近年のSUVは、乗用車などと同じモノコック構造をしておりボディ全体として強度を出していますが、フレーム付きの長所としては、よりハードなオフロード走行には向いているのです。



ランドクルーザーレクサスLX570


2007年、9年振りにフルモデルチェンジされたランドクルーザー200。
同時にレクサスブランドとしても、「レクサスLX570」として登場しています。
「レクサスLX570」は、搭載されているフレームが一新されましたが、ライバルが揃ってモノコックボディへ変更している中、あえてこだわりのラダーフレームが採用されています。

サスペンションは、前モデルのランクル100でも好評であったマルチリンクサスペンションをフロント側に装着し、リア側にはランドクルーザー伝統のトレーリングリンクサスペンションを搭載しています。
これによりオフロードでは粘りのあるしなやかな走りを実現してくれます。

又、「レクサスLX570」は、AVS(アダプティブバリアブルサスペンション)と言われている電動油圧サスペンションを搭載しています。
コーナーリングの際のロール量を低減する機能で、対角線上にあるサスペンションの動作を適切に調整してくれます。

又、仕様によっては前モデルのランクル100と同様のAHC(アクティブハイトコントロールサスペンション)を搭載しているものもあり、車への乗降時に自動的に車高を50mm下げ、又、高速走行においてはフロント側が25mm、リア側が13mm車高を下げることにより空力性能向上性能を持っています。

どんな説明より何と言っても「ランドクルーザー」ですから、オン・オフロードにおいて最高の乗り心地と最先端のテクノロジーを感じることは間違いありません。

ランクルプラドの選択肢


トヨタランドクルーザープラド。
プラドの最上級仕様「TZ」は、3.4リッターV6エンジンを搭載し、ランドクルーザーシリーズの「超高級SUVシグナス」の縮小版と言って良い性能を備えています。

インテリアもランドクルーザーの名に恥じない高級感があり、同社の高級セダン「クラウン」と比較しても遜色ない。
又、TZに標準装備されているエアサスペンションによる乗り心地の良さは、ミニバンや他のSUVではなかなか味わえない上質な走りを実感出来ます。
ロングボディ仕様は、3列シート7人乗り設定となっている為、アルファードやエルグランドなど高級ミニバンの購入を検討している方は、是非ともプラドも選択肢のひとつに加えた方が良いと思います。
SUVと言っても、市街地などオンロード走行の乗り心地において、プラドにはそれだけの実力があります。

アウトドアが趣味の方は、「3ドア」と言う選択もあります。
ショート3ドアタイプは、当然ボディやホイールベースが短くなりますが、後部座席のレッグスペースは一旦乗車してしまえば意外に広く、快適なのです。
車重が軽くて短い分、走行も軽快になりますし、ミニバンやセダンでは決して味わえない重厚な乗り心地は、ワインディング走行でも活躍します。
一般的に「プラド」と言う愛称で呼ばれていますが、何と言ってもランドクルーザーです。
そのオフロード性能は、世界中の信頼を受けており期待を決して裏切らないことでしょう。

ランクルプラドのメカニズム


世界にその名を知らしめる「ランドクルーザー」
ひと言でランクルと言っても70系や200系、中古車も含めると未だに高い人気を持続している旧モデルと様々です。
今回紹介するのは、オフロード走行はもちろんのこと、一般道の乗用車としても高性能な「ランドクルーザープラド」です。
プラドはハイラックスサーフと同じシャシーをベースに、乗用SUVとして開発されました。
乗用SUVと言っても、トヨタの高いテクノロジーを存分に搭載され、又、「キング・オブ・4WD」の名に恥じない設計となっています。

本格的な独立フレームを持ち、サスペンションにおいてはフロント側はダブルウィッシュボーンの独立対応、リア側はトレーリングアーム付きコイルリジッドを搭載しています。
最上級の5ドア「TZ」には電子制御エアサスペンションが標準装備され、トヨタのアンチスピン機構VSCと組み合わせ、4輪ブレーキそれぞれを独立で制御できます。

搭載されているエンジンは、ガソリンが3.4リッターV6と2.7リッター4気筒、そして3.0リッターディーゼルターボと仕様も多く、環境にもやさしく2.7リッターのガソリン車は「☆☆優-低排出ガス」、3.4リッターガソリンが「☆良-低排出ガス」の認定取得をしている。
3.0リッターディーゼルは、新コモンレールシステムを搭載し、排気ガス、燃費の向上もしています。

ハイテクノロジーなトヨタの「ランドクルーザープラド」
一度試乗してみるのも良いと思います。

ランクルプラドのプロフィール

トヨタのランドクルーザーシリーズ。
「キング・オブ・4WD」の名を不動のものとしているその長い歴史において、様々な人気モデルが販売され続けています。
フルモデルチェンジされた200系の新車はもちろんのこと、中古車市場でどのモデルも高い人気を維持し続けていて衰える気配はありません。

大きく分類して「ランドクルーザー」には3つのタイプが存在します。
ひとつが「70」(ナナマル)系と呼ばれ、基本的に昔からの良い伝統を受け継ぐ末裔で、オフロードのヘビーデューティなタイプであります。
2つ目は9年振りにフルモデルチェンジされた200系で、ランドクルーザーの中で最も大きく一番高級なSUVです。

3つ目に、今回紹介する「ランドクルーザープラド」が存在します。
プラド誕生はもともと70系を基本に、オンロードでも走り易い乗用ワゴンの性質をもって登場しました。
同社のハイラックスサーフとシャシーを共用する乗用専用のSUVではありますが、その分用途も広がりファンも多く、街中でも沢山走っているのを見かけます。
既に基本の70系の面影はありませんが、家族を乗せて走れる高級SUVとして多様な用途で活躍をしています。

ランドクルーザープラドは、トヨタSUVの中での位置付けとして、三菱のパジェロに競合するに価し、ヨーロッパSUV専門メーカーのランドローバーで例えると、70はディフェンダー、プラドはディスカバリーに価するのではないでしょうか。

ランドクルーザーシグナスの荘厳な走り


ランドクルーザーシグナス。
「環境にやさしい」小さく、燃費の良いクルマが主流となる中で、ランドクルーザーの様な存在はいささか逆行している様に思えるが、その人気は衰えることを知らない。

「ランドクルーザーシグナス」は巨大な車体で総重量2.5トン、4.7リッターV8エンジンを搭載し、又、クラウンやセルシオと比べても劣ることのないインテリアは、まさしく夢のクルマではないだろうか?

ドライブフィールにおいても、レンジローバーやメルセデスのGクラスにも劣らない存在感を持ち合わせています。
他社のSUVと比べてもエンジン音は静かでありながら、パワーもある。
そのためオン、オフ問わず荘厳な走りを約束してくれます。

今回、シグナスは新しいVGRSを搭載していますが、トヨタ初のハイテクテクノロジーも完成度が高いです。
低速走行においてはステアリングレシオが敏速になって楽になり、高速走行では逆にスローになることでレーンを変更する場合などで安定感が増します。
大型SUV車の場合、重心も高く不安定である為、高速走行時にレーンを変更した場合、フラフラすることも少なくありません。
シグナスオーナーに聞いてもステアリング操作が余分な動きをしないでしっかり反応してくれるそうです。

贅沢なクルマであるとは思いますが、それを求めるユーザーも多く、ランドクルーザーシグナスは最高級のSUVであると言えます。
最新ではランドクルーザー200系にフルモデルチェンジされましたので、中古車市場で狙ってはいかがでしょうか。

ランクルシグナスのナイトビュー

トヨタのSUV「ランドクルーザー100/シグナス」は、日本が誇るキング・オブ・SUVです。
その高い人気と需要のせいもあって、一方では「盗難被害の主役」と言う一面もあるようですが、それだけ世界中の需要が高く、価値が認められている証拠ではないでしょうか。

シグナスは、トランスミッションを5AT(スーパーECT)とトヨタ初の可変レシオステアリングを採用しています。
又、これもトヨタとして初ですが、「ナイトビュー」をオプション仕様で準備しています。
シグナスに搭載されているエンジンは4.7リッターV8エンジンで、排ガス規制もクリアしています。
この様に、世界一のトヨタが持つ最先端の技術力をふんだんに搭載したシグナスは、やはりキング・オブ・SUVと言って過言ではない事は間違いありません。

ひと昔前の4WD車と違い、高級車と同等の内外装のデザイン、装備も合わせ持っています。
フロント周りの高級感を向上させ、カラーリングにも新色を準備し、オーナーの仕様選択の幅を広げてくれています。
インテリアはステアリングにオーディオスイッチを追加、センタークラスターやコックピットにおける照明周りも高級感が感じられます。
同社の高級セダン、クラウンやセルシオと比べても遜色ない仕様です。
シグナスは盗難防止機能として、正規のキー以外でロックを解除すると、ホーンやハザードで警告を行うオートアラーム機能も追加されています。

ランドクルーザー40の魅力


「ランドクルーザー」の名を世界に知らしめた40系。
「ヨンマル」や「フォーティー」と言った愛称で親しまれるモデルは、1960年から1984年までモデルライフを24年間も続けました。
生産終了してから現在に至るまで、様々なフルモデルチェンジが行われましたが、未だに中古車市場での需要は高く、又、カスタマイズする楽しさもあり、「ヨンマル」オーナーになりたい方は数多くいらっしゃいます。

ランドクルーザー40は、モデルライフ中に4回マイナーチェンジをしていますが、第1期は1960年、2期は1967年、3期は1979年、4期は1980年となっています。
当然、自動車技術の発達により、当時の最新テクノロジーをその都度織込み、進化しています。
第4期の40は、次期モデルのランドクルーザー60のエンジン、ブレーキなど共通化されています。

皆さんご存知でしょうが、その後ランクルは70、80、100、200と技術力の発展と同時にモデルチェンジしつづけていますが、まさに4WDの王者、SUVの最高級車として不動の地位を築き上げてきました。

古い車なので燃費が気になる、と言う声も多い様ですが、近年は燃費向上キットも販売されていますので、大丈夫な様です。
ランクル40が欲しいと言う方は、そのデザインに惚れているので燃費なんか気にしないですね。
中古車市場でもなかなか手に入り難いランクル40ですが、根気良く探せば、気に入った1台が見つかるのではないでしょうか。

ランドクルーザー70・80・100


ランドクルーザー200は最新モデルですが、旧モデルの人気も劣る気配がありません。


■ランドクルーザー70系
「ランクル」の名前を世界中の4WD界で一躍有名にした40系の後継者、本格オフローダーとして登場したのが70系です。
多様なバリエーションを販売しながら、現在もなお生産継続していることは、40系を後継するのにふさわしい性能を備えているからと思います。
1984年に発売されたランクル70は、最新テクノロジーを織り込みながら、本来の悪路走行を十二分に楽しめるモデルでしょう。


■ランドクルーザー80系
今も尚、絶大な人気の80系。
60系から80系にフルモデルチェンジされましたが、それまでの4WD車と言う常識を覆す、高級車としての機能も満載した新しい4WDとして誕生しました。

オフロードのみならずオンロードにも適した性能、インテリア、スタイルは、オーナーの幅を広げ、販売台数を一躍延ばしたことでしょう。


■ランドクルーザー100系
現在の200系のひとつ前のモデルである100系。
もう既に「トップ・オブ・SUV」としてあまりにも有名ですが、その分、盗難などの被害も多かった様です。
世界中から欲しがられる100系は、V8エンジンを搭載したガソリン仕様と、ディーゼルターボの2種類です。
最新テクノロジーを満載した最先端のランクル100は、200系にフルモデルチェンジされても中古車市場で新車価格と思える様な高価格で販売されています。

ランドクルーザー60


9年ぶりに「ランドクルーザー」が200系へフルモデルチェンジされましたが、「ランドクルーザー」の歴史は長く、その経験と伝統を引き継ぎ、最新テクノロジーを搭載したSUVとなっています。

「ランドクルーザー」は新車の人気はもちろんですが、中古車市場における旧モデルの人気も絶大なものがあり、古くなればなるほどマニアやファンには余計欲しくなると言う2面性を持っています。
カスタマイズ仕様も豊富な事から、オリジナリティ豊かな車が作れますので、古くなっても人気を維持している理由のひとつでしょう。

ランクルの50系、60系を紹介していきましょう。


■ランドクルーザー 50系
40系、60系と比較して、50系の認知度は低い様ですが、コンパクトでありながらゆったりとしたRV車の元祖である50系は、現在のランドクルーザーのベースとなったモデルではないでしょうか。

登場した時期は1967年と古く、現役の頃は一般人がオフロードを楽しむ為に生産されたのではなく、警察車両や公用車、消防車など特装車が多かった様です。
現在では滅多に見る事のない希少モデルですが、ロングボディー、ロングホイールが特徴です。


■ランドクルーザー 60系
現在でも言わずと知れた60系。
1980年に初めてガソリンエンジン搭載のモデルが登場しましたが、不経済な車と評判だったそうです。
しかしそのインパクト十分なデザインは、当時も今も目を輝かせるファンが多いです。
一般ユーザー指向となり、悪路走破性能をしっかり向上させた人気モデルです。

ランドクルーザー40


長い歴史と伝統を維持しつづける「ランドクルーザー」
トヨタが誇る、今は日本が誇ると言っても過言ではない最高級のSUVは、世界中から注目を浴びつづけています。

「ランクル」と言う相性で、「クラウン」などと同様にその名を知らない人は少ないことと思いますが、今日に至るまでには相当の苦労の道のりがあったことと思います。

日本車とは思えない「ランクル」の重厚感漂うそのスタイルもさることながら、見栄えに劣らないタフな走り、性能はどう見ても世界一級品ではないでしょうか。
SUVを好むユーザーからは憧れの名車であることは間違いなく、世界中の4WDファンから愛されています。

今では旧車となっている「ランドクルーザー」40系を紹介しましょう。
中古車市場でも希少な車となっていますが、四駆マニアやファンからは依然人気が高い車で、なかなか良質なものを手に入れるには苦労する様です。
オーナー毎のオリジナリティ豊かなカスタマイズを施すことが主流で、その分愛着が深く思い入れもあることでしょう。


■ランドクルーザー 40系(1960~1984)

正統派の4WD車で、相当のテクニックを必要とします。

超長寿モデルで、ランドクルーザーを語る場合、この40(ヨンマル)は欠かすことの出来ない最も大きい功績、実績を残したモデルです。

原点は「軍事用」としても働くオフロード車でした。
その分より実用性が求められ、悪路走行性は当時として申し分なかったのではないでしょうか。


ランクル タイヤの分類と特徴


ランドクルーザーの重厚感漂うワイドボディーとSUVとしての威厳ある風格には、オーナーのオリジナリティ豊かなタイヤホイールのカスタマイズがその風貌を変化させます。
市街地でも悪路でもランドクルーザーが持つ機能を十分発揮するために、最適なタイヤを選びたいものです。

プロショップに相談するのがお薦めですが、機能重視、スタイル重視、価格重視と目的用途によって本当に様々な種類が販売されていますので、あらかじめ「ランドクルーザー」をどうカスタマイズしたいか検討しておきましょう。


■タイヤの分類と特徴


1.オールテレンタイヤ
オールテレンタイヤは、純正に近い構造で乗り心地が良いと評判です。


2.マッドテレンタイヤ
マッドテレンタイヤは雪道や泥道などの悪路走行において性能を十分に発揮します。

イヤの溝(パターン)が深く、市街地などのアスファルトを走行するとうるさく、乗り心地も良くありません。
燃費も低下することが多く、マイナス面が気になりますが、悪路走行の頻度や4WDの持つワイルドさを強調したいオーナーに好まれています。


3.スワンパータイヤ
スワンパータイヤはごついのでオーナーにスタイルが好まれていますが、乗り心地は最も悪いと言われています。
それでも購入する方が居ると言うことは、やはり目立ちたい、オリジナリティを出したい方が多いと言うことでしょう。
せっかく、ランドクルーザーのオーナーになったのですから、目立たなくては損ですから。


4.ホワイトレタータイヤ
こちらも長い人気を維持していますが、ホワイトレタータイヤとは、タイヤの側面に白い文字の入ったタイヤです。


ランクル タイヤホイール


最高級SUVのランドクルーザーのタイヤ、ホイールをカスタムするオーナーは多いです。
カスタムに重要な要点は機能面とスタイルでしょう。
どちらの性能、見栄えを取っても純正のタイヤやホイールとは異なるオーナー毎の個性を主張でき、オリジナリティをかもしだしてくれます。
カスタムする事は、オーナーのセンスや趣味が織り込まれる世界に1台しかない車を作り出すことではないでしょうか。

スタイル重視でタイヤを選ばれる場合、格好の良いスワンパータイヤやタイヤの側面に白い文字の入ったホワイトレタータイヤなどが人気です。
ホイールもオーナーのセンスでタイヤにベストマッチする
ものを選び、オリジナリティ豊かな組み合わせをしてはどうでしょうか。

機能面ではサイズの大きいタイヤへの変更が多く、リフトアップが必要になります。
どれ位リフトアップするかによって接地面積の広いタイヤへ変更しますが、これはコーナーリングに重要な選択となります。
冬場どうしてもスタッドレスタイヤへ変更しなければならなく、スタイルが変わってしまう場合は、あらかじめオールシーズンタイヤを選択してはいかがでしょうか。
そうすれば1年間同じスタイルで過ごすことが出来ます。
オールシーズンタイヤの性能は純正に近いため、乗り心地も良いと評判です。
ごついイメージのマッドテレンタイヤは、タイヤのパターンが深く、市街地などアスファルトの上を走る場合には乗り心地が悪いですが、悪路走行する場合には最適なタイヤです。

ランドクルーザーの盗難


トヨタの「ランドクルーザー」
SUVの最高級車であり世界的に絶大な人気と需要を占めているため、警察庁がまとめた自動車盗難比率が最も高かった車種は、「ランドクルーザー」だそうです。
自動車ドロは許せませんが、まさか日本でまた乗るとは考えにくいので海外に高く売れるのでしょう。
せっかく苦労して500万円も600万円もする夢の「ランドクルーザー」を購入できたのに盗難にあってしまったオーナーは本当に悔しいですね。

「ランドクルーザー」の盗難比率は1000台あたり8.8台にも上るそうです。
警察庁の盗難比率は盗難台数が1000台を超えた車種を対象に、車種別に割り出しています。

現在は盗難を防止するために様々なアイテムや方法がありますので、参考にして下さい。


■ディーラーオプション
ディーラーで購入時に盗難防止装置を取り付けすることをお勧めします。
リモコンで警報の作動、解除を行うのですが、解除をしなければエンジンが始動しないので安心です。


■タイヤロック
鋼鉄製のフレームでタイヤをロックします。
ハンドルロックなどと同様に視覚的に盗難を防止する目的も兼ね備えていますので効果的と言えるでしょう。


■センサーライト
最近は車庫に取り付けている方も多いですね。
近くのホームセンターで購入できるので安くて案外効果が大きいです。

かけるコストや車の駐車されている状態にもよりますが、警備会社で契約する追跡システムなど様々なものがありますが、ひとつだけの対策でなく、複合的に対策しておくこともポイントです。

ランドクルーザー200レポート


今回フルモデルチェンジされた「ランドクルーザー」200系の詳細レポートを紹介します。

ボディスタイルは良き伝統を受け継いだオフロードSUVの典型的な形状をしていますが、他にはない圧倒的な存在感が感じられます。
スッキリした外観スタイルは、1980年に革新的に登場した「ランドクルーザー」60系から基本的に変化していません。
同じトヨタのクラウンにも言えることですが、「ランドクルーザー」の様な長い歴史を維持し続ける定番モデルは、ブームや市場の動向に流されることなく、いつの時代も変わらない高い価値を提供してくれます。
テクノロジーの進化によって、装備内容やメカニズムはもちろん最新の機能を装備しますが、デザインなどイメージに関わる部分は、大きく変化させないのです。
これはいつも高い人気を維持し続けている自信の表れでもあるかもしれませんが、大きく変化させる必要がなく、そのデザインそのものが「ランドクルーザー」なのでしょう。

「ランドクルーザー」の最大のイメージは、日本車とは思えない大柄なボディサイズでしょう。
全長5m、全幅は2m近くにも達し、全高は約1.9m
もあります。
フロントデザインもマスクや周辺にクロームメッキが施され、全面に押し出されたラグジュアリー指向となっています。
遠くからの対向車でもランドクルーザーだと一瞬で認識され、レクサスのLSよりもインパクトが強いのではないでしょうか。
長くワイドなボンネットは水平基調となっているため、運転している時でも先端が確認でき、ドライバーにワイドボディを常に感じさせてくれます。


ランドクルーザー200系


日産の「サファリ」が生産、販売を終了したため、エンジン排気量が4000ccを超えるSUVはランドクルーザーのみとなりました。
ランドクルーザーは高級車、高価格であるのにも関わらず、相変わらず人気絶大で日本における「キング・オブ・オフローダー」の名を確固たるものにしている。
前モデルである「ランクル100」からフルモデルチェンジされて「ランクル200」となりましたが、正式な車名は「ランドクルーザー」のみです。
その長い歴史と今後未来も続くその王道は他の追撃を許さないことでしょう。

「ランドクルーザー」200のボディサイズは全長4950mmと約5m、全幅も1970mmと約2mにもなります。
これだけ大きな日本車は他には存在しませんが、その分最少回転半径も5.9mもあり、小回りが利かないと苦労する日本の道路では少々取りまわししづらいでしょう。
しかしオーナーやランクルファンにとっては、そこがまた魅力的で人気の元ともなっています。
慣れてくると運転にも苦労しなくなって、市街地でこの巨体を乗りまわせるのは、ある意味テクニシャンですからね。
軽自動車や小型車の良さでもある小回りが利かないランドクルーザーを攻略することも面白いのです。

市場調査によると多くのオーナーは、本骨頂である悪路走破性能より、重厚感漂うそのボディスタイル、デザインに魅力を感じてランドクルーザーを購入するそうです。
近年はSUVでもシティ派が増えていて前輪駆動がベースとなっていますが、ランドクルーザーの様な後輪駆動のSUVに希少価値が生まれさらに人気が高まっています。


ランクル200の値引き


待ちに待ったランドクルーザーのフルモデルチェンジ。
SUVとしての世界ナンバーワンを争うトヨタのランドクルーザーは高級車と言っても過言ではなく、その価格も高価格ですよね。
確かにお金持ちの方じゃないとなかなか買える車ではありません。
ランドクルーザー200は、諸経費も込みで約550万円から600万円もする車ですから。

前モデルのランドクルーザー100のオーナーであれば乗り換えと言うことになりますが、ランクルは中古車市場で不動の人気を維持しているため、結構良い価格で下取りしてくれます。
日本のみならず世界中での需要が高いランドクルーザーですからね。
中でもディーゼルエンジン車は人気が高く、より高値で取引されているようです。

トヨタの高品質で最高級なランドクルーザーを思い切って購入検討されている方も少なくはないでしょうが、ディーラーにおける値引きは基本的に「ゼロ」円だそうです。
値引きをしなくても売れる車ですから仕方ない結果でしょうが残念ですね。
この先もあまり値引きは期待できない様な気がします。
でも営業マンに許されている値引き価格は「5万円」と言う噂話も耳にします。
550万円から600万円する車の値引き価格がたったの「5万円」ではあまり関係ありませんね。

購入の際にケチケチ値引き交渉する姿はランドクルーザーのオーナーにはふさわしくないのでしょうか?
でもディーラーに下取車の査定やオプションなどで勉強して欲しいものです。

ランドクルーザー200のエアロパーツ


ランドクルーザー200のエアロパーツ。
トヨタの他車でもカスタマイズされている「MODELLISTA(モデリスタ)」がランクル200でも発売されています。
トヨタモデリスタインターナショナルは、SUVの最高峰であるランドクルーザーがするモデルチェンジされたのに伴ってカスタマイズアイテムとして「モデリスタバージョン」、「モデリスタセレクション」の2パターンを発売開始したのです。

ランクル200の「モデリスタバージョン」は、その重厚感と高級感を持ち合わせたランドクルーザー200を更に都市部で圧倒的に存在感をアピールさせることを狙って、「アーバンビッグクルーザー」を方針にフロント、リアそれぞれのスポイラーを開発しています。
ランクル200が持つ、長く水平にのびるボディラインとワイドな意匠面をより強調、又、フェンダーからそれぞれのスポイラーへの一体感は都会派にふさわしいSUVに仕上がっています。
気になる価格はフロントスポイラー、リアスカートのセットで税込家買う9万6600円となっています。

「モデリスタセレクション」は、メッキが施された20インチのアルミホイールとタイヤのセット、又、18インチのアルミホイールセットとスポーツマフラーが用意されています。
20インチのアルミホイールとタイヤのセットが63万円、18インチのアルミホイールセットは14万9100円と設定され、スポーツマフラーは8万8200円となっています。
新車購入時にセッティングされるオーナーが多く、その壮観な外観は思わず見とれてしまいます。
ただでさえ迫力満点なランドクルーザーにエアロパーツを装着したその姿はコンセプトである「存在感」を十分発揮しています。

ランクル200の標準装着タイヤ


トヨタランドクルーザー200に標準装着されているタイヤはミシュランタイヤの「LATITUDE Tour HP」です。
その重厚な車両と4WD車にふさわしいタイヤサイズは285/60R18が装着されています。
ミシュランのタイヤブランド「4×4」(フォーバイフォー)に代わる新ブランドが「LATITUDE」となりますが、SUV用として高品質なタイヤです。
その中でも「Tour HP」は、オンロードにおける安定性と快適性を重視して開発されたSUV専用タイヤであり、SUV車の中でも最高級のランドクルーザーにぴったりな選択でしょう。
ランドクルーザーは4WD車として悪路走行も当然トップクラスですが、オンロードでのクルージングを楽しまれるユーザーも多いのでより安定したドライブが可能でしょう。

ミシュランの「LATITUDE」のブランド名称は、ラティチュード「地球の緯度」と言った意味であり、世界規模で市場展開されるミシュランブランドに見合ったブランド名です。

ランドクルーザー200はSUVとして、オン・オフロード性能どちらをとっても最高級ですが、やはりオンロードを走る機会の方が圧倒的に多いため、ユーザーにとってはオンロード性能をより高めたタイヤ「LATITUDE Tour HP」の装着は満足できるのではないでしょうか。
快適で安定した走行性能が、上質な乗り心地を可能にし、ウエットでもドライでもしっかりグリップしてくれます。
「LATITUDE Tour HP」は、快適な走りと耐摩耗性を両立させたロングライフな設計が施されています。

ランクル200のインテリア


ランドクルーザー200は、フルモデルチェンジされたことで世界一のトヨタテクノロジーを満載したインテリアとなっています。

ランドクルーザーの長い歴史で培われた力強さと伝統を継承しながら、細かい所に至るまで高級感を重視したデザインとなっています。
特にコックピット周辺は、SUV車とは感じさせない豪華な仕様となっていて、高級セダンにも劣らない上質なクルージングを感じさせてくれます。

インストルメントパネルは、しっかり長く水平方向に軸が通った造形で、全席から見ても圧倒的なワイド感が感じられます。
スペース内は段差を減少させた面一構造を採用、ハンドルやシフトノブなどには木目調の基調、クロームバーが施され従来以上に高級感を実現しています。

ナビゲーションシステム、空調、オーディオ類は、より機能的な配置に配慮されていて、使用性、視認性の向上を実現しています。
又、カーボン調のパネルはその高い精度を演出し、インテリア全体としてさすがトヨタ車と言ったところでしょう。

キャビンを前出ししたことにより、ユーザー評価の高いボディーのサイズはそのままで、室内長を大幅に延長しています。
よりゆとりあるクルージングが可能で、又、ラゲッジルームも拡大、使用用途に合わせた多彩なシートアレンジと合わせ、広い室内空間を十二分に活用できるパッケージとなっています。
シートアレンジは楽に簡単な手順でアレンジできるので目的に合わせ、いじるのが楽しくなります。

ランクル200のボディーデザイン


フルモデルチェンジされたランドクルーザー。
「ランクル200」としてモデルチェンジされた事で、最高級の4WD車としての外装、デザインは更に進化したものとなっています。
「王者の風格」はその確固たる地位にふさわしいデザインでユーザーの夢を叶えてくれます。

「ランクル200」のサイドビューは、安定感ある水平軸が長くしっかり通っており、機能を重視しながらも、よりボディー全体から立体感と重厚感が強調され、今まで以上に各段の力強さを感じさせます。
特に前後輪におけるフェンダーは、ボディーと融合した新しい造形処理が施され、最先端であると同時にダイナミックさを表現しています。
更に従来よりキャビンを前に出したことで、信じられないほど余裕のある広い室内空間を可能にしています。

車への乗り降りをサポートしてくれるサイドステップも、ボディーとの一体感により、その存在感をあまり感じさせないスマートでシンプルなデザインとなっています。
「ランクル」のイメージでその厚みを感じるリアビューは、左右独立した別立体のリアコンビランプ、ワイド感を重視したバンパー周りなど全体バランスとしてより力強さと安定感を感じさせてくれます。
バックドアのガーニッシュには横長なクロームメッキが施され高級感も表現されています。
まさに最新型の「ランクル」と見とれてしまいます。

よくフルモデルチェンジされると、前モデルの方が見慣れている為、格好悪くなった・・と言われることが多いですが、「ランクル200」は満足できる進化したデザインではないでしょうか

ランクル200の顔


トヨタのランドクルーザー200は、新開発のプラットフォームを導入し、RV車の命とも言えるフレーム、サスペンションを一新しています。
世界ナンバーワンと言っても過言ではないトヨタの最新テクノロジーを搭載し、前後左右の独立したオートエアコンをはじめ、アメニティも十分満足できる内容となっています。

デザインはその長い歴史と伝統を受け継ぎ、ひと目で「ランクル」と分かるアイデンティティを持ちながら、その上最新のデザインの魅力を持ち合わせています。
エクステリアは、力強さをベースに、しかも近代的なデザインテイストでまとめられています。
伝統的である屈強なイメージで強靭な走りを思わせる迫力満点のシルエットは、従来のランクルの良い所を継承し、又、十分高級車感も漂うデザインテイストでしょう。
顔でもあるフロントフェイスは、4WDの王者の風格を感じさせ、ボディーの重厚感、一体感からより近代的な力強さが感じられます。

台形を逆にした形の存在感溢れるグリルは、「4WDの王者」を意識させる意匠となっています。
左右に設置されたヘッドライトもキリリとした表情をより強調し、つり目の様なターンライトと合わせて精悍なデザインに仕上がっています。
さらにフロントバンパーは、フェンダーと同色になっている為、伝統のあるランドクルーザーをモダンに表現しています。

ランクル100から200へフルモデルチェンジされた事で、迫力満点な「ランクルの顔」は更に進化しました。

ランドクルーザーの歴史


4WD車の王者と言えるランドクルーザーの歴史。
トヨタのランドクルーザーの歴史は長く、1951年に「トヨタジープBJ」と言う名称で目的は警察のパトロールカーとして誕生しました。
今回のランドクルーザー200で9代目となりますが、自動車生産の最新技術をその都度搭載し、毎モデル満足できる仕様となっています。
今やランドクルーザーは世界トップクラスのSUVである事は誰もが認める所でしょう。

ランドクルーザーは長い歴史で培ったネームバリューと、最高級のSUVとして重厚感の漂うボディーから、ユーザーに与えるそのインパクトは決して衰えません。
今回モデルチェンジされたランドクルーザー200も最新機能を盛り込み、又、快適性も安全性もグレードアップして誕生しています。
オフロード走行面も、その長い歴史で築き上げた車両の強度、耐久性、信頼性を更に進化させ、世界最高峰の動力性能を搭載しています。

前モデルとなるランクル100より若干のボディーサイズ拡大をしており、室内長は従来比175mmの延長が施されています。
特にそれぞれの座席の空間にゆとりが感じられる事でしょう。
室内長はフロントピラーを前出したキャビンフォワードによって延長が可能となり、ユーザーに評価の高いボディーサイズを変えることなく、キャビンのゆとりを拡大できています。
オンロード性能も高級車に劣ることなく、乗用車から乗り換えたユーザーでも違和感を感ずることは無いでしょう。

ランドクルーザー200の走行性


2007年、フルモデルチェンジをしたランドクルーザー200系の悪路走破性や一般道の走行性についてはどうでしょうか?

前モデルの100系では、ユーザーからの不満が多かったのはRV車なのですが悪路走破性であった様です。
理由としては100系からフロントのサスペンションが独立懸架となった為なのですが、今回の200系ではその反省からオフロード機能が大幅に強化、改善されています。

また新しく搭載されたオフロード機能としては、3段階ある「クロールコントロール」と言う自動スピードコントロール機能ですが、悪路や傾斜のきつい上り坂、下り坂でも安全に走行が出来ます。

市街地など一般道の走行においても、車重が2.5トンもある車とは思えないほどハンドリングが楽しく仕上がっています。
オンロードでランクルを楽しむユーザーも多いと思いますが、前モデル同様、それ以上に進化していると言えるでしょう。

高価な車である為、気軽には買い換えや新規購入できないと思いますが、一度ご検討されてはいかがでしょうか?
ランドクルーザーは、100系のみならず、80系、60系と歴代も市場では未だ大変人気の車種であり、ランクルからランクルへ乗り換えるのであれば、かなり下取りも高く引取ってくれる場合が多いです。
オン、オフ両方の機能を兼ね備えた高級SUVとして確固たる地位を誇示しているランドクルーザーは、一度はユーザーとなってみたい車ではないでしょうか。

ランドクルーザー200への進化


2007年に9年8ヶ月ぶりのモデルチェンジをした「ランドクルーザー」。
今回200系モデルになるが、トヨタのランドクルーザーは世界的に人気のRV車である。
悪路走行はもちろん、その高い操舵性と安全性、高品質では他社のRV車を相手にしない程である。
他乗用車などと違い、9年8ヶ月と長いモデルライフを続けられるのも、市場での高い人気が持続しているからである。
近年、自動車業界においても安全、環境対応は必須の条件になっており、今回200系へのフルモデルチェンジでランドクルーザーはどう進化したのだろう。

インテリア、内装では前モデルの100系と同じ「SUVのレクサス」と言うイメージを受ける。
上級グレードの「AX Gセレクション」は、540万円と高額ではあるが本皮シート装備で、RV車と言っても十二分に高級車と言える。
日本車でありながら室内空間もかなり広く設定されており、普段はあまり使用されない3列目シートも少々姿勢に難はあるが十分実用できるだろう。

100系よりも更に丸みを帯びた感じを受けるが、堂々たるスタイルは「ランクル」と一目で認識できる。

エンジンは100系と基本的に同じ4.7リッターのV8エンジンを搭載し、パワーは288馬力と53馬力増となっている。
他車種のV8エンジンを搭載しているクラウン、マジェスタなどの高級車と比べても静かで滑らかであり、とてもRV車の域では無いと感じる程である。
動力性能に不満を感じるユーザーはほとんど居ないのではないだろうか。

ランクル100の魅力


トヨタのランドクルーザー。
現在は200系も発売され、相変わらず好調な売れ行きですが、200系の前モデルである100系も未だ中古車市場では人気も高く高価格で販売されています。

100系が販売、モデルチェンジされたのは1998年1月ですが、前モデルは60系となります。
60系もマニアに高く指示されている車種で人気が高いですが、100系の魅力について考えていきましょう。

「ランクル」は数多いRV車の中で、その価格からも伺えますが機能面や安全性でも最高級クラスと言えます。
こだわりを持ったユーザーに好まれ、愛用されています。
100系は伝統のある悪路走破性、機動力、耐久性を更に進化させ、又、プレステージ性や安全性についても最高品質を実現しています。
RV車としての機能も十分ですが、どちらかと言うとSUVを意識したモデルではないでしょうか?

悪路走行を楽しみたいユーザーにも、街中クルーズを目的としたユーザーにも高い評価を受けており、この先も長く人気を持続するでしょう。

100系にはワゴンとバンがあり、ワゴンは3列シートの8人乗り、バンは2列シートの5人乗り仕様になっています。
共にセカンドシートのリクライニングや脱着機能による多彩なシートアレンジが可能です。
エンジンはワゴンが4.7リッターのV8DOHC32バルブ、バンには4.2リッターインタークーラー付EFIディーゼルターボを搭載しており、パワーは十二分です。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

https://aff.celebritytrip.club/ad/1421/647412
お役立ち情報
お役立ち情報