生活百科
生活百科
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

たけのこレシピ

生活百科

たけのこレシピ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

●たけのこのゆで方

掘りたてのたけのこは、そのまま直火で焼いて食べられます。しかし、たけのこは「お湯を沸かしてから掘れ」といわれるくらい、掘ってから時間がたつとアクが強くなります。調理する際には、下ゆでしてから用いたほうがいいでしょう。

用意するもの
・米のとぎ汁・・・カップ10(または、水カップ10にぬかカップ1を加えたもの)
・赤唐辛子・・・2~3本

1.土などをきれいに落として、外側の皮を2~3枚むきます。根元のごつごつとした部分はそぎとってしまいましょう。

2.皮のついたまま穂先を斜めに切り落とし、皮の部分だけでに縦に切れ目をいれます。穂先は皮が幾重にも重なっているため深めに、根もとにいくにしたがって皮が薄くなりますので浅く包丁を入れます。身まで切り込みを入れてしまわないように注意しましょう。
3.深めの大きな鍋に、たけのこ(皮付き)が沈むくらいのたっぷりのゆで汁を用意し、赤唐辛子を加えて火にかけ、中火で約1時間コトコトと静かにゆでます。

4.ゆで上がったら、そのまま冷めるまで、ゆで汁のなかにたけのこをつけておきます。
5.冷めたらたけのこをきれいに洗います。
この段階では、まだ皮つきです。ゆでたたけのこは使う直前に、くるっと一度に皮をむいて料理に用います。

*皮つきのたけのこ約1kgは、下ゆでして皮をむくとその半分以下(約450g)になります。一度の調理で使い切れずに残った分は水につけておくと味が落ちませんが、なるべく早く使い切ってしまいましょう。

●たけのこご飯
・たけのこを煮た煮汁でお米を炊くことで、お米の一粒一粒にもたけのこの風味が しみわたります。
・たけのこは薄く切ると歯ざわりが優しくなります。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・150g
・油揚げ・・1枚

調味料
・だし汁・・・1カップ
・砂糖・・・小さじ2
・しょうゆ・・・小さじ2
・米・・・2カップ
・酒・・・大さじ2
・塩・・・小さじ1弱

◎下ごしらえ
・たけのこ・・・薄く一口大に切ります。
・油揚げ・・・油抜きし、縦半分に切ってせん切りにします。
*〈油抜きの方法〉
油揚げやさつま揚げなどに熱湯をさっとかけたり、さっと湯通しして、表面の酸化した油を除きます。

◎つくり方
1.たけのこと油揚げを調味料で7~8分煮ます。

2.1のたけのこと油揚げを煮汁と分け、煮汁と水でカップ21/5になるように量り、洗った米に煮汁と水を入れて30分おき、酒と塩少々を加えて混ぜ、普通に炊きます。

3.炊き上がったら、2で取り出したたけのこと油揚げを具を入れて蒸らします。

4.さっくりと具を混ぜて出来上がり。

●たけのこの木の芽みそ和え
白みそに木の芽を練り混ぜた緑色の和え衣はたけのこのたんぱくな味にぴったりです。食
卓に彩りを添える上等な一品。

★ポイント!
・たけのこはちょうど真ん中のあたりぐらいの堅さを選ぶ。
・素材がシンプルなので、だし汁は濃い目がおいしいです。
・ゆでたけのこはあらかじめ薄く味で煮ておきます。
・木の芽みそとたけのこはいただく直前に和えます。
・酒と塩少々をふりかけて炒り煮にしたイカも加えて和えてもいいです。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・300g

*調味料
・うす口しょうゆ・・・大さじ1/2
・みりん・・・大さじ1/2
・砂糖・・・大さじ1/2
・酒・・・大さじ1
・塩・・・少々
・だし汁・・・カップ3
昆布とかつお節で濃い目の混合だしを作ります。

*木の芽みそ材料
・白みそ・・・40g
・卵黄・・・1個分
・砂糖・・・大さじ1
・酒・・・大さじ2
・木の芽・・・20枚
・ゆでホウレン草の葉先・・・4枚分

◎下ごしらえ
・たけのこ・・・一口大に切ります。
・木の芽・・・熱湯にさっとくぐらせ、水気をきります。
・ホウレン草・・・塩(分量外)少々を入れたたっぷりの熱湯でゆで、水にとり、水気をきります。

◎つくり方
1.たけのこを調味料Aで静かに20分ほど煮てから、汁気をきってさまします。

2.木の芽みそをつくります。
すり鉢に木の芽を入れ、細かくすりつぶします。ホウレン草と、木の芽みその調味料 (白みそ、卵黄、砂糖、酒)を入れて混ぜます。

3.いただく直前にたけのこを木の芽みそで和えて器に盛ります。

●たけのこチップス
たけのこを一本ゆでたら、柔らかい穂先や姫皮はもちろん、少々堅い根元の部分もおいしくいただきくことが出来ます。
根元のしっかりとした歯ごたえを活かした料理法、油で揚げたたけのこチップスです。

★ポイント!
・ごくごく薄く透けるように輪切りにすることがカリッと仕上げるコツです。
・切ったらざるに広げ、水気をよくきります。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこの根元の部分・・・100g
・塩・・・適宜
・揚げ油・・・少々
・お好みで・・・粉ざんしょう、からし

◎下ごしらえ
・たけのこの根元の堅い部分を、ごくごく輪切りにし、ざるなどに広げて乾燥させるぐらい、水気をよくきります。

◎つくり方
1.180度に熱した油で、乾かしたたけのこをうすく色づく程度に揚げます。

2.揚げたらよく油をきり、すぐに塩をふります。
*粉ざんしょうをふると、ちょっとおしゃれな大人の味です。

●たけのこの梅肉和え
たけのこの穂先を取り巻いている柔らかい穂先の部分を「姫皮」といいます。柔らかな優しい口当たりを生かして、甘酸っぱい梅肉で和えてみてみます。うっすらとピンクの彩りが春らしさを演出します。

★ポイント!
・姫皮は、再度水につけてアクを取り除いたほうがいいでしょう。
・梅干は大きめの柔らかなものがよいでしょう。細かくつぶしてみりんで伸ばします。
*市販の練り梅も利用出来ます。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ(姫皮)・・・100g
・梅干・・・大きめのもの1粒
・みりん・・・少々
・木の芽・・・少量

◎下ごしらえ
・姫皮・・・再度水につけてアクを取り除き、せん切りにします。
・梅干・・・種を取り除いて細かくつぶし、みりんでのばします。味が物足りないようなら、しょうゆ少々でととのえます。
・木の芽・・・刻みます。

◎つくり方
せん切りにした姫皮を梅肉で和え、木の芽を散らして完成です。

●たけのこのキンピラ
冷めてもおいしいキンピラは、常備菜としてもお馴染みです。たけのこのキンピラは、シャキッとした食感を残すように仕上げることがおいしさの秘訣。

★ポイント
・赤唐辛子は乾燥したままでは割れてしまいます。しんなりする程度にぬるま湯に浸してから切ります。
・ニンジンを加えると彩りも栄養もよくなります。たけのこと形、大きさを揃えて切ることで、火の通りと味が均一になります。
・ごま油を用いることで風味がよくなります。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・160g
・ニンジン・・・80g(小1/2本)
・赤唐辛子・・・1本

*調味料
・しょうゆ・・・大さじ2
・酒・・・大さじ2
・砂糖・・・大さじ1/3
・ごま油・・・大さじ1
・白ごま・・・適宜

◎下ごしらえ
・たけのこ・・・せん切りにします。
・ニンジン・・・たけのこと大きさを揃えてせん切り。
・赤唐辛子・・・ぬるま湯につけてやわらかくしたあと、タネを除き、小口切りにします。

◎つくり方
1.フライパンにごま油を熱し、たけのこ、ニンジンを強火で炒めます。

2.しんなりとしたら酒を加え、さらに砂糖、しょうゆ、赤唐辛子を加えて水分がな
くなるまで炒りつけます。

3.仕上げに白ごまをたっぷりふる。

●たけのこ入りシュウマイ
たけのこのシャキシャキ感がおいしい、ジューシーなシュウマイです。「甜麺醤(テ ンメンジャン)」を入れることで中華味を出すことができます。甜麺醤は、中華料理に欠かせない調味料のひとつ。甘く(甜)、小麦からつくった (麺)、味噌(醤)です。日本の八丁味噌に似ているかもしれませんね。手に入らない場合は、味噌にお砂糖とごま油を入れて代用してもいいでしょう。

★ポイント!
・玉ネギのみじん切りは片栗粉をまぶすことで肉と混ざりやすくなります。
・巻きすの代わりに白菜やキャベツ、青梗菜などの葉を3~4枚敷き、最後に付け合せ
としていっしょに食べてしまうといいですね。

◎材料(4人分)・・・24個分

・豚挽き肉・・・200g
・ゆでたけのこ・・・50g
・玉ネギ・・・1/2個弱
・片栗粉・・・大さじ2強
・卵・・・1/2個
・干ししいたけ・・・2枚(水でもどす)

調味料A
・油・・・小さじ2
・しょうゆ・・・小さじ1/2
・酒・・・小さじ1
・カキ油・・・小さじ1

調味料B
・しょうゆ・・・小さじ2
・甜麺醤(テンメンジャン)・・・小さじ1
・砂糖・・・小さじ2
・酒、ごま油・・・各小さじ2
・シューマイの皮・・・24枚

*からし酢じょうゆ(しょうゆ:酢=2:1 溶きからし少々)

◎下ごしらえ
・たけのこ、しいたけ(軸を除いておく)、はみじん切りにしてざっといためて〈A〉で調味します。
・玉ネギはみじん切りにして、きつく絞ったぬれ布巾で十分に絞り、水分をよく除い
たあと、片栗粉をまぶしておきます。

◎つくり方
1.豚ひき肉に〈B〉と卵を加えてよく混ぜ、練ります。

2.1のひき肉にたけのこ、しいたけ、玉ネギを加えて混ぜ、24等分にします。

3.シューマイを皮で包みます。
左手を軽く握り、親指と人指し指で輪を作ります。その上に皮を一枚置き、4の具を ひとつ中央に置いて軽く輪のなかに押し込むようにします。同様にして全部で24個作 ります。

4.蒸気の立った蒸し器に巻きすをおき、薄く油を塗って等間隔に5のシューマイを 並べます。ふたをして強火で一気に8~10分蒸します。

5.蒸しあがったら熱々をお皿に盛り、からし酢じょうゆでいただきます。

●たけのこのごまだれ
淡白なお味のたけのこは、とろりとしたごまだれと相性ばっちりです。あらかじめ薄く煮ておくことでしっかりとした味を含ませることができます。
★ポイント!
・ゆでたけのこは、ちょうど真ん中あたり、白ごまは煎ってから用いると香ばしさが増します。
・ゴマをピーナッツにしてもまた一味違ったおいしさです。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・300g

*調味料A
・うす口しょうゆ・・・大さじ1/2
・みりん・・・大さじ1/2
・砂糖・・・大さじ1/2
・酒・・・大さじ1
・塩・・・少々
・だし汁・・・カップ3

昆布とかつお節で濃い目の混合だしがおいしいです。
*ごまダレ
・白ごま・・・30g
・うす口しょうゆ・・・小さじ3
・酒・・・小さじ1
・砂糖・・・大さじ2
・白ごま・・・適宜

◎下ごしらえ
・たけのこ・・・一口大に切ります。

◎つくり方
1.たけのこを調味料Aで静かに20分ほど煮てから、汁気をきってさまします。

2.ごまだれをつくります。
ごまは軽く煎ってから、すり鉢でよくすります。とろっとしてきたら、砂糖、しょうゆ、お酒を加え、味をととのえます。

3.いただく直前にたけのこにゴマだれをかけ、さらに軽く炒ったゴマをふて出来上がり。

●たけのこと牛肉の細切り炒め
牛肉とたけのこにピーマンの彩りが美しい。片栗粉で包んだ牛肉はうま味が 逃げず、しっとりジューシー。たけのことピーマンのシャキシャキ感がうれしい栄養満点の一品。

★ポイント!
・ピーマンを炒める前にほんの少し塩を入れるとピーマンのうま味と色づきがよくなります。

◎材料(4人分)
・牛肉(赤身薄切り肉)・・・200g

*肉の下味
・ショウガ汁・・・小さじ1弱
・しょうゆ・・・小さじ1
・酒・・・小さじ1
・片栗粉・・・小さじ2
・油・・・小さじ2
・ゆでたけのこ・・・60g
・ピーマン・・・大3個
・ニンニク・・・1片
・ネギ・・・6cm
・油・・・大さじ4強

*合わせ調味料B
・砂糖・・・小さじ1弱
・塩・・・少々
・しょうゆ・・・小さじ4
・酒・・・大さじ1
・ごま油(仕上げ用)・・・小さじ1/2

◎下ごしらえ
・牛肉・・・長さ5cmの細ぎりにし、酒、しょうゆ、ショウガ汁で下味をし、片栗粉と油を振り混ぜておきます。
・たけのこ・・・肉と大きさを揃えて細ぎりに。
・ピーマン・・・縦半分に切りってタネを除き、縦に細ぎりに。
・ニンニク・・・ぶつ切り。
・ネギ・・・粗みじんにします。
・合わせ調味料の材料を混ぜて、用意しておきます。

◎つくり方
1.中華なべたけのこを加えます。
中華なべをよく熱して、油大さじ1を入れ、塩(分量外)を少しいれ、ピーマン
を加えてさっといためます。

2.ピーマンをなべの端に寄せ、油を足してニンニクとネギをいため、香りを出しま
す。

3.2に肉をほぐしながら入れ、さらにたけのこを加えます。

4.合わせ調味料を加えてよく混ぜ、最後にごま油を回しかけてざっと馴染ませたら、出来上がり!

●たけのこのゴママヨネーズサラダ
たけのこのシャキシャキ感を楽しみながら、サラダ感覚でいただきましょう。マヨネーズにすった白ごまをたっぷり加えたゴマドレッシングは和風の素材をアレンジする秘密兵器! 鶏のささ身肉をロースハムに変えてもおいしくいただけます。

★ポイント!
・鶏ささみ肉は蒸し鶏にして手で裂きます。電子レンジを使うことで簡単、手軽にで
きます。加熱むらができないよう途中で引っくり返すことがコツ。
・白ごまはぽってりするまでよくするとマヨネーズと馴染みやすくなります。
・水っぽくならないようにたけのこはしっかりと水気をとっておきます。

◎材料
・ゆでたけのこ・・・200g
・鶏ささ身・・・2本
・塩、コショウ・・・少々
・万能ネギ・・・適量

*ごまマヨネーズ
・マヨネーズ・・・大さじ2
・酢・・・小さじ1
・砂糖・・・小さじ1
・うす口しょうゆ・・・小さじ1
・白ごま・・・大さじ2
・塩、コショウ・・・少々

◎下ごしらえ
・ゆでたけのこ・・・せん切りにし、よく水気をとっておきます。
・鶏ささみ肉・・・蒸し鶏にします。軽く塩、コショウしてラップをし、電子レンジ で1分加熱し、上下を引っくり返してから、さらに30秒加熱してそのまま冷まし、手で細かく裂きます。
・万能ネギ・・・小口切り。
・白ごま・・・すり鉢に入れ、ぽってりするまでなめらかにすります。

◎つくり方

1.ボールにすった白ごまと、残りのごまマヨネます。

2.たけのこと裂いた鶏ささ身を1のボールに入れ、ごまマヨネーズで和えます。

3.器にこんもりと盛り付け、万能ネギを散らします。
--記事--

●たけのことちりめんじゃこの佃煮
ゆっくりと味を含ませたたけのことちりめんじゃこの佃煮はご飯の友に最高です。少し濃い目くらいに味をしっかりとつけることで日持ちもしますので、常備菜としても便利です。

★ポイント!
・煮物のコツ「さ(砂糖)→し(塩)→す(酢)→せ(しょうゆ)→そ(味噌)」を応用します。まずは砂糖の甘みをしっかりとたけのこに含ませるために、煮始めはしょうゆを控えめにし、途中で何度かにわけて足していきます。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・200g
・ちりめんじゃこ・・・100g

*調味料A
・だし汁・・・鍋にヒタヒタの量
・酒・・・カップ1
・砂糖・・・大さじ1
・しょうゆ・・・カップ1/2
・白ごま・・・適宜
・木の芽・・・適宜

◎下ごしらえ
・たけのこ・・・せん切りにします。

◎つくり方
1.たけのことちりめんじゃこを鍋に入れ、ちょうどヒタヒタになる程度にダシを加えます。

2.1の鍋に酒、砂糖、しょうゆの1/3量を加えて、煮汁がなくなるまで煮含めます。途中で2~3度にわけて残りのしょうゆを加えていきます。

3.仕上げに白ごまをふり、木の芽を散らして出来上がり!

●ゆで豚とたけのこの唐辛子味噌炒め
春、やわらかなたけのこと新キャベツが出回り始めたら、是非、食卓にのせたい一品です。ゆで豚をつかうことで余分な油が落ち、味噌が素材によくからみます。ニンニクの芽の独特の甘みが生きた中華料理です。 ★ポイント!
・豚肉は焼き色と香ばしさをつけるために、あまりなべのなかで動かさず、鍋肌に貼り付けるようにするとgood!肉の端がちりちりしてくるほどがおいしいです。

◎材料(4人分)
・ゆで豚・・・200g
*豚肉の薄切りをゆでて用いても可。
・ゆでたけのこ・・・60g
・キャベツ・・・6枚
・ネギ・・・1/3本
・ショウガの薄切り・・・4枚
・赤唐辛子・・・2本
・油・・・大さじ2弱

〈A 調味料〉
・豆板醤・・・小さじ1弱
・酒・・・大さじ1
・砂糖・・・小さじ2
・しょうゆ・・・大さじ1

◎下ごしらえ
・ゆで豚・・・端から薄く切ります。
・たけのこ・・・縦に薄く切ります。
・キャベツ・・・芯の堅いところを除いて、肉と大きさを揃えて切ります。
・ネギ・・・斜めに輪切り。
・赤唐辛子・・・種を取って斜めに二つに切ります。

◎つくり方
1.中華なべに油を熱し、ネギとショウガを炒めて香りが出てきたら、豚肉を入れます。肉の脂が透き通り、にじみ出てくるほどまで炒めたら、唐辛子、たけのこ、キャベツの順に入れます。

2.全体に油がまわったら、〈A〉の調味料を入れてむらなく馴染ませます。

3.お皿に盛る。

●ゆでたけのこの田楽
掘りたてのアクの少ない、新たけのこの素材のおいしさを引き立てる料理です。
赤みそと練りうにの2種類を作りましょう。オーブントースターで軽くあぶると風味が増します。

★ポイント!
・たけのこは根元のほうにいくにつれて堅いので、真ん中よりも上の柔らかい部分を使うとよいでしょう。
◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・200g
*A
・練りうに・・・(缶詰)大さじ3
・卵黄・・・1個分
・白ごま・・・適宜
*B
・赤みそ・・・大さじ4
・砂糖・・・大さじ6
・みりん・・・大さじ2
・黒ごま・・・適宜

◎下ごしらえ
・たけのこ・・・大き目に切ります。

◎つくり方
1.たけのこの半量にA、もう半量にBをそれぞれ混ぜたものをたっぷりと塗り、Aには白ごまを、Bには黒ごまを適宜ふります。

2.オーブントースターで表面が乾く程度にあぶり、できあがり!

●鶏手羽先とたけのこのうま煮
淡白なたけのこも、鶏手羽先とじっくり煮込むことで、手羽先のうま味がしみ込み、コクのある味わいになります。シンプルながらも味わい深い一品です。
★ポイント!
・手羽先は熱湯でさっと湯がいてアクをとっておくと、味がすっきりとします。
・まずダシで柔らかく煮たあとに、調味料を入れることで味をじっくり含ませます。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・200g
・鶏手羽先・・・16本
・サヤエンドウ・・・16枚
・ダシ・・・カップ8

*調味料
・砂糖・・・カップ2/3
・しょうゆ・・・カップ1/2

◎下ごしらえ
・たけのこ・・・一口大に切ります。
・手羽先・・・熱湯に入れてさっと湯がき、アクをとります。
・サヤエンドウ・・・塩少々(分量外)を入れた熱湯でさっと湯がきます。
・練りがらし・・・少々(お好み)

◎つくり方
1.たけのこと手羽先をダシで煮ます。

2.たけのこが柔らかくなったら、調味料を砂糖、しょうゆの順に入れて、コトコト煮ます。

3.たけのこと手羽先に味が充分にしみ込んだら出来上がり! サヤエンドウを添える。

*練りからしをちょっと添えると、おいしいです!

●たけのこと豚肉のごまみそ煮
淡白なたけのこも、豚もも肉のほどよい脂肪とごまみそのコクに包まれ、主菜としてのボリュームをもちます。味がしっかりとついているので、お弁当のおかずにいいです。
★ポイント!
・まず半量の調味料でじっくりと煮含めたあと、残りの調味料を加えて仕上げることでしっかりと味がしみ込みます。

◎材料(4人分)
・豚モモ肉・・・240g
・ゆでたけのこ・・・200g
・さやいんげん・・・20g
・ダシ・・・カップ4
・しょうが・・・少々
・酒・・・小さじ4
・みりん・・・小さじ3
・砂糖・・・小さじ5
・みそ・・・大さじ3
・白ごま・・・大さじ3

◎下ごしらえ
・豚モモ肉・・・2cm角に切ります。
・たけのこ・・・一口大に切ります。
・サヤインゲン・・・沸騰した湯でさっとゆで、水にとって斜めに二つに切ります。
・ごま・・・軽く炒って、すります。

◎つくり方
1.鍋にダシ、ショウガ、すったごまを入れ、酒、みりん、砂糖、みそそれぞれの半量を入れます。

2.1の鍋に豚肉、たけのこを入れ、約30分弱火でことこと煮ます。

3.残りの酒、みりん、砂糖を入れてひと煮立ちしたら出来上がり。

●たけのこと肉団子の中華風土鍋 レシピ
ボリュームたっぷりの肉団子とたけのこが、はるさめの海のなかでグツグツと煮えた
ぎるさまが豪快な中華風土鍋です。牛ひき肉から出たうま味がスープに溶け出し、淡白なたけのこがおいしく召し上がれます。
★ポイント!
・ひき肉団子は、あとで煮込むので表面が固まる程度でOK!焼くことでうま味が逃げ 出さず、触感がよくなります。
・野菜を別にいためてから土鍋にいれることでうま味を逃がしません。
・土鍋に肉を加えたら、弱火で静かに煮ることが大切。

◎材料(4人分)
*肉団子
・牛ひき肉・・・400g
・ネギ(みじん切り)・・・大さじ2
・ショウガ汁・・・小さじ1/2
・塩・・・少々
・しょうゆ・・・小さじ1
・酒・・・大さじ1
・卵・・・1個
・片栗粉・・・大さじ1
・ゆでたけのこ・・・50g
・白菜・・・4枚(400g)
・干ししいたけ・・・4枚
・はるさめ・・・25g(もどして100g)
・油・・・全体で大さじ5
(肉用・・・大さじ1、野菜用・・・大さじ4)

〈A合わせ調味料〉
・中華だし・・・2カップ
・砂糖・・・小さじ11/2
・しょうゆ・・・大さじ31/3

◎下ごしらえ
1.肉団子を作ります。
ボールにひき肉を入れて、ねばりが出るまでよく練り、片栗粉以外の材料をまぜます。4等分し、手に油をつけながら団子を4つつくり、少し平らめにします。

2.はるさめはぬるま湯に沈めてもどし、適当な長さにぶつ切りにします。

3.白菜は葉と軸に分け、葉はざく切り、軸は食べやすい大きさに薄切りにします。

4.しいたけは水でもどして2つにそぎ切りします。

◎つくり方
1.フライパンに肉用の分量の油を熱し、肉団子の表面に焼き色をつけます。

2.中華なべに野菜用の分量の油を熱し、たけのこ、しいたけ、白菜の軸、白菜の葉の順にいため、油が全体にまわったら、〈A〉を加えて土鍋に移します。

3.2の上に1の肉をのせてふたをし、火にかけます。煮立ったら弱火にして、30分グツグツ煮ます。

4.2のうえにはるさめを加えて、10分ほど煮込んで味をしみ込ませたら、出来上がり。

●ゆでたけのこの韓国風和え物
ニンニクとショウガ、ネギがたっぷりの韓国風のかけ汁をたっぷりかけることで、淡
白なたけのこがコクのある一品に変身します。

★ポイント!
・いただく直前にかけ汁をかけ、和えていただきます。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・300g
*韓国風かけ汁
・ニンニク・・・みじん切り小さじ2
・ショウガ・・・みじん切り小さじ2
・ネギ・・・みじん切り小さじ2
・しょうゆ・・・大さじ2
・酢・・・大さじ2
・ごま油・・・大さじ2
・砂糖・・・小さじ1

◎下ごしらえ
・たけのこ・・・せん切り。
・ニンニク、ショウガ、ネギ・・・すべてみじん切り。
・韓国風かけ汁の材料を混ぜ合わせます。

◎つくり方
せん切りにしたたけのこを器に盛り、かけ汁をたっぷりかけていただきます。

●たけのこのかき揚げ
たけのこの淡白な味と木の芽の香りが、油とマッチしておいしくいただけます。衣のカリッとした口当たりと、ゆでたけのこのシャキシャキ感をお楽しみください。

★ポイント!
・衣を粘らせないコツは冷たく保つこと。小麦粉をとく水はよく冷えたものを使いましょう。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・200g
・生しいたけ・・・6枚
・むきエビ・・・50g(小貝柱でもおいしいです)
・木の芽・・・少々

*衣
・小麦粉(てんぷら粉)・・・1/2カップ
・卵1/4個+冷水・・・1/2カップ
・揚げ油・・・適宜

*てんつゆ
・だし・・・1カップ
・しょうゆ・・・1/4カップ
・みりん・・・1/4カップ
(だし:しょうゆ:みりん=4:1:1)

・お好みで・・・大根おろし、おろしショウガ、またはレモンもおいしいです。

◎下ごしらえ
・たけのこ・・・せん切りにし、水気をよくとります。
・生しいたけ・・・洗わずにぬれ布きんでふいて軸を除き、せん切りにします。
・木の芽・・・塩少々のたっぷりの熱湯でさっとゆで、水にとったあと水気をとり、みじん切りにします。 ・天つゆの材料を合わせて温めておきます。

◎つくり方
1.ボールに卵と冷水を入れてよく混ぜ、小麦粉を加えてさっくりと混ぜます。

2.せん切りにしたたけのこと生しいたけ、ムキエビ、木の芽を入れてざっくりと混 ぜます。

3.170~175度の揚げ油に、2をスプーンですくって平たくなるようにして落とし入
れます。

4.10秒ほどでまだ固まっていないうちに裏返します。中央のあたりに菜ばしで数箇所穴をあけるようにして油を通します。

5.ときどき裏返しながら全体で2分ほど揚げ、こんがりと色がついたら出来上がり。天つゆまたはレモンをふっていただきます。

●若竹汁
ゆでたけのこの穂先の柔らかな部分を使ったお吸い物です。新たけのこと新ワカメは、春を告げる食材で、「春先の出会いもの」としての組み合わせです。

★ポイント!
・シンプルな具材なので、ダシのおいしさが味を決めます。一番だしを贅沢に味わいたい一品です。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこの穂先の部分・・・6cmほど
・生わかめ・・・100g

*だし汁・・・4カップ〈下記の一番だしのとり方 参照〉
・こんぶ・・・10cm角1枚
・削りカツオ・・・20g
・水・・・カップ1/2
・塩・・・小さじ1/2
・しょうゆ・・・小さじ1
・木の芽

◎下ごしらえ
・ゆでたけのこの穂先を縦半分に切って薄切りにします。
・生ワカメはざく切りにします。

◎つくり方
1.だしをとります。〈下記参照〉
2.だしカップ4に塩、しょうゆですまし汁を作ります。
3.2から1/3量をとりわけ、ゆでたけのことワカメを5~6分煮ます。
4.3の具をわんに盛り、熱くした2の残りの汁を張って、木の芽を添えます。

参考〈一番だしのとり方〉
◎材料(4カップ分)
・こんぶ・・・10cm角1枚
・削りカツオ・・・20g
・水・・・カップ1/2
◎ポイント!
・昆布は厚みがあるものを選び、横に切れ目を入れます。
・中火にかける・・・強火で早く煮出そうとすると味の出が悪くなります。
・昆布はぐらぐら煮立てない・・・色が出て、味も悪くなります。
・布巾でこしとると目が細かいのでGood!ただし、最後まで絞りきらないこと・・・絞るとダシが濁ってしまいます。
◎下ごしらえ
・昆布は、堅くしぼった布巾で表面の汚れをふき取ったあと、横に切れ目を入れます。
◎つくり方
1.昆布は水から入れて、沸騰直前に昆布を取り出します。
2.火を弱めたなかに削りカツオを入れ、再び煮立ってきたら火を止めます。
3.削りカツオが自然に沈むのを待ってから、絞った布巾でこします。
透明でおいしい一番ダシのできあがり!

●木の芽の香りのたけのこ入り雁もどき
もともと精進料理で肉の代わりとして用いられた「雁もどき」。雁の肉に味を似せたとされる説が有名です。関西では、「飛竜頭」(ひりゅうず、ひろうす)と呼ばれます。水気をしぼった豆腐に、ヤマイモやニンジン、ごぼうなど・・・色々な具を混ぜ入れて丸め、油であげたものです。
★ポイント!
・豆腐はしっかりと水切りし、水気を取り除くことが大切。
・豆腐はすり鉢でよくすり混ぜると仕上がりがなめらかです。
・タネに下味がついているので、油は低めの温度でじっくりと揚げます。

◎材料(4人分)
・豆腐・・・1丁(400g)
・ゆでたけのこ・・・300g
・木の芽・・・10枚くらい
・干ししいたけ・・・1枚
・ネギ・・・10cmくらい
・卵・・・1/2個
・片栗粉・・・大さじ1
・ショウガ・・・1片
・塩・・・少々
・しょうゆ・・・小さじ1
・みりん・・・大さじ1
・白ごま・・・大さじ2
・揚げ油・・・適宜

◎下ごしらえ
・豆腐は、清潔な布巾に包み、よく水気をきっておきます。
*電子レンジによる水切り・・・電子レンジで4分(豆腐100gに対して約1分)加熱し、布巾に包んで軽く水気を絞ります。
*熱湯でゆで、布巾で絞ってもOK!
・ゆでたけのこは、せん切りにします。
・木の芽は、塩少々加えたたっぷりの熱湯でさっとゆで、水にとったあと、水気をきり、細かく刻みます。
・干ししいたけは、水で戻し、軸をとってせん切りに。
・ネギは粗みじん切に。
・ショウガはすりおろします。

◎つくり方
1.すり鉢に水切りした豆腐をつぶして入れてよくすり混ぜたあと、溶き卵を加えてすり、片栗粉、塩、しょうゆ、みりん、ショウガで味付けします。

2.たけのこ、木の芽、干ししいたけ、ネギを入れてざっくりと混ぜます。

3.スープ用のスプーンの先を油をくぐらせて2のタネをすくい、165℃の低めの油でじっくりと色がつくまで揚げます。

*生地に下味がついているので、このままでも充分おいしいですが、さっと油抜きしたあと、だし汁で含め煮にしても格別です!

●たけのこのすりおろし団子の照り煮
たけのこの根元に近い部分も、すりおろすことでおいしくいただくことができます。よくすってなめらかにした鶏ひき肉を加えて団子にし、甘辛く煮詰めてみました。お弁当のおかずにもピッタリです。

★ポイント!
・鶏ひき肉はすり鉢でなめらかになるまでよくすります。すり方が足りないと、ねばりが足らず、うまく団子にまとまりません。
・卵はつなぎの役目をします。肉がやわらかくなってから入れます。
・生地がかなり柔らかいのでうまく団子にならないときは、ぬらした左手に生地を取り、親指と人差し指の間から絞りだすようにして小さなスプーンですくいとり、熱湯のなかに落とすといいでしょう。
・コクを出したいときにはゆでる代わりに油で揚げてもいいでしょう。ただし、口当たりが少々堅くなります。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ(根元部分)・・・100g
・鶏ひき肉・・・200g
・干ししいたけ・・・1枚
・卵・・・1/2個
・小麦粉・・・大さじ2
・水・・・2

*調味料A
・砂糖・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ3
・みりん・・・大さじ1
・白ごま・・・少々
・木の芽・・・少々

◎下ごしらえ
・たけのこ・・・おろし金ですりおろします。
・鶏ひき肉・・・すり鉢のなかでなめらかになるまでよくすります。
・干ししいたけ・・・水で戻し、できるだけ細かいみじん切りにします。

◎つくり方
1.よくすった鶏ひき肉に、すったたけのことみじん切りにした干ししいたけを加え、砂糖、しょうゆを入れて味付けしたあと、つなぎの小麦粉と卵を入れてさらによくすり混ぜます。

2.鍋にカップ2の水を煮立てます。

3.1のタネを一口大の団子にまとめ、2の熱湯のなかに入れて2~3分ゆでます。

4.肉ダンゴの入った3の鍋に調味料Aを入れて、煮ます。

5.煮汁が少なくなってきたら、鍋を振りながら煮詰めて照りを出します。

6.器に盛り、白ごまをふって出来上がり! 木の芽を添えれば季節感が出ますね。


●姫皮と木の芽の白和え
たけのこは、柔らかな穂先から歯ごたえ充分な根元まで、それぞれのおいしさがあります。その各部分のよさを生かして一本丸ごとおいしくいただきたいものです。たけのこの穂先を取り巻いている柔らかい穂先の部分を「姫皮」といいます。デリケートな部分だけに、ふわっとした白和えがぴったりです。
★ポイント!
・姫皮は、再度水につけてアクを取り除きます。
・白和えの豆腐はよく水気をきります。面倒な水きりも、電子レンジを使えば簡単です。・和え衣と具はいただく直前に和えることが大切です。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ(姫皮)・・・120g
・ニンジン・・・120g
・干ししいたけ・・・4枚
・木の芽・・・少々
・だし汁・・・カップ1/2
・砂糖・・・大さじ1
・しょうゆ・・・小さじ1/2

*白和え衣
・豆腐・・・1丁(400g)
・白胡麻・・・大さじ8強
・しょうゆ・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/2
・砂糖・・・大さじ3

◎下ごしらえ
1.具材を用意します。
・姫皮・・・再度水につけてアクを除き、せん切り。
・ニンジン・・・3cmの長さでせん切り。
・干ししいたけ・・・水に戻して、せん切り。
・木の芽・・・塩少々の熱湯でさっとゆでてから、刻みます

2.だし汁に砂糖としょうゆを加え、木の芽以外の1の具材を入れ、汁気がなくなるまで弱火で煮て、冷ましておきます。

3.白和えの衣を作ります。
A.豆腐を清潔な布巾に包み、よく水気をきっておきます。
*電子レンジによる水切り・・・電子レンジで4分(豆腐100gに対して約1分)加熱し、布巾に包んで軽く水気を絞ります。
*熱湯でゆで、布巾で絞ってもOK!

B.すり鉢に白胡麻を入れ、よくすりつぶします。

C.「B.」に豆腐、しょうゆ、砂糖、塩をいれ、よくすり合わせれば、白和え衣の完成。

4.食べる直前に、煮た具材と木の芽を衣で和えて器に盛ります。


●姫皮の甘酢和え
木の芽の風味を利かせた、さっぱりとした甘酢でたけのこの最も柔らかい部分「姫皮」をいただきましょう。「姫皮」というのは、たけのこの穂先を取り巻いている柔らかい穂先の部分です。
★ポイント!
・姫皮は、再度水につけてアクを取り除きます。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ(姫皮)・・・100g
*甘酢
・酢・・・小さじ2
・砂糖・・・小さじ1
・しょうゆ・・・小さじ1
・塩・・・少々

・木の芽・・・少量

◎下ごしらえ
・姫皮・・・再度水につけてアクを取り除き、せん切りにします。
・木の芽・・・刻みます。

◎つくり方
せん切りにした姫皮を甘酢で和え、木の芽を散らして完成です!

●たけのこと鶏肉のレモン風味炒め
レモン風味の爽やかな炒め物です。卵白を混ぜ込んだ衣が鶏肉のジューシーなうま味を閉じ込めています。春、やわらかなたけのこといっしょにいただきたい一品です。
★ポイント!
・レモン汁の香りが飛ばないよう、調味料を加えたあとに入れます。

◎材料(4人分)
・鶏肉(胸肉)・・・300g
〈A下味〉
・酒・・・小さじ2
・塩、コショウ・・・少々
・卵白・・・2個分
・片栗粉・・・大さじ4
・揚げ油
・ゆでたけのこ・・・80g
・キュウリ・・・1本
・ニンジン・・・1/2本
・生しいたけ・・・2個

〈B合わせ調味料〉
・中華だし・・・1カップ
・しょうゆ・・・小さじ4
・砂糖・・・小さじ1
・酒・・・小さじ4
・塩・・・少々
・レモン汁・・・大さじ4

〈C水溶き片栗粉〉
・片栗粉・・・大さじ1
・水・・・大さじ2
・ごま油・・・小さじ1強

◎下ごしらえ
1.鶏肉は厚さ7mmほど、長さ5cmの削ぎ切りにして、〈A〉で下味をつけます。10分ほどしたら、卵白を入れて混ぜ、片栗粉をまぶします。
2.野菜を準備します。
・たけこの・・・厚さ4mm、長さ4cmの縦の薄切り。
・キュウリ、ニンジン・・・4cmの斜めに切り、縦に薄く切ります(出来上がりがひし形になるように)。ニンジンは軽くゆでておきます。
・しいたけ・・・軸を除いて一口大の削ぎ切り。
3.〈B〉を混ぜて調味料を作っておきます。

◎つくり方
1.揚げ油を160度に熱して、1の鶏肉を一枚ずつ広げて入れます。徐々に温度を上げて1~2分揚げたら取り出します。そして油温を175度に上げ、肉をもどして20~30秒カラリと揚げます。

2.中華なべに油を熱して、たけのこ、しいたけをいためます。キュウリ、ニンジンを加えていためます。

3.2に〈B〉を入れ、さらにレモン汁を加えて煮立ったら、〈C〉を加えてとろみをつけます。

4.1の鶏肉を加えてざっくりと混ぜ、ごま油を振り入れて全体に大きく馴染ませて出来上がり!

●たけのことニンニクの芽の炒め物
たけのこと干ししいたけにニンニクの芽を加えることで、ぐんと中華らしさが増します。たけのこの歯ざわりとニンニクの芽のまろやかな甘みをいただきます。
★ポイント!
・ニンニクの芽は炒めすぎるとシャキッした歯ごたえがなくなります。さっと炒めて、いったん取り出します。
・たけのこ、ニンニクの芽、しいたけ、そして豚肉も、すべて細切りにして形と大きさを揃えることで火の通りを均一にします。
・水溶き片栗粉でとろみをつけることで味が素材にからみやすくなります。
・ネギとショウガを油で炒めることで香りを出します。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・100g
・ニンニクの芽・・・200g
・干ししいたけ・・・2枚(戻して軸を取り除く)
・豚赤身薄切り肉・・・160g
*下味A
・塩、しょうゆ、酒・・・少々
・片栗粉、油・・・各小さじ2

・ネギ・・・6cm分をみじん切り
・ショウガ・・・粗みじんを小さじ1/2強
・油・・・大さじ4

・しょうゆ・・・大さじ1弱
・酒・・・大さじ1

・顆粒中華だし・・・大さじ1
・水溶き片栗粉・・・片栗粉小さじ1/2を水小さじ1で溶きます。

・酢・・・小さじ1/2弱
・ごま油・・・小さじ1/2弱

◎下ごしらえ
・ニンニクの芽・・・根元の堅い部分を除いて、塩少々の湯で2分ゆでて水にとったあと、水気をきって5cmほどに切ります。
・たけのこ、しいたけ・・・ニンニクの芽と同じ長さに細切り。
・豚肉・・・繊維に沿って長さ5cmに細切りにし、Aで下味をつけ、片栗粉と油をふりまぜます。
・ネギ、ショウガ・・・粗みじん切りにします。
・酒としょうゆを合わせておきます。

◎つくり方
1.中華なべに油大さじ1を熱し、ニンニクの芽を炒めたあと、いったん取り出します。
2.残りの油を中華なべに足し、ネギとショウガを炒めます。香りが出たら豚肉を加え、色が変わるまで炒めます。

3.2にたけのことしいたけを加え、1のニンニクの芽を戻します。

4.酒としょうゆを合わせたものを鍋肌から回し入れ、ダシを加えます。水溶き片栗粉を入れ、仕上げに酢とごま油を加えて火を止め、出来上がり!

●ひき肉詰め豆腐とたけのこの中華煮
香ばしく揚げた豆腐にひき肉をのせ、エビやたけのこ、しいたけも加えてとろりと煮込んだボリュームたっぷりのおかずです。
★ポイント!
・豆腐はしっかりと水気をきることが大切。
・豆腐は高温の油でからりと揚げます。

◎材料(4人分)
・豆腐・・・2丁
・豚ひき肉・・・100g
*肉の下味A
・塩・・・小さじ1/3
・コショウ・・・少々
・酒・・・小さじ2
・ネギ・・・みじん切り大さじ3
・エビ・・・4尾

*エビの下味B
・塩、コショウ、酒・・・各少々

*調味料C
・砂糖・・・大さじ1/2
・酢・・・大さじ1/2
・酒・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・塩・・・1/2
・スープ・・・11/2カップ
(スープは分量の水に固形スープの素1個を溶かす)

・ゆでたけのこ・・・1本分
・干ししいたけ・・・3枚
・グリーンピース・・・1/3カップ

・片栗粉・・・少々
・揚げ油・・・適宜
・水溶き片栗粉・・・片栗粉大さじ1を同量の水に溶かします。

◎下ごしらえ
1.豆腐は水気をきって1丁を2等分します。

2.ひき肉に下味Aを混ぜてあわせ、4等分して丸くまとめておきます。

3.エビは背わたと殻をとり、下味Bをつけます。

4.干ししいたけとたけのこは食べやすい大きさに切ります。

◎つくり方
1.豆腐を高温の揚げ油で揚げます。

2.1の豆腐の上部をくり抜き、片栗粉をまぶします。

3.2の豆腐のくり抜いた上部に、下味をつけたひき肉と、エビをのせて軽く押さえます。

4.鍋に調味料Cを入れて、3を並べ、干ししいたけとたけのこも加えてひと煮立ちします。

5.水溶き片栗粉を入れてとろみがついたら、仕上げにグリーンピースを散らします。

●酢豚
酢豚は、豚肉のから揚げと野菜の素揚げを、片栗粉でとろみを出した甘酸っぱいスープでからめた、中国の広東料理です。お肉をやわらかくする効果もあるパイナップルを加えた、甘酸っぱさはお子さんも大好きですよね。たけのこ、ニンジン、ピーマン・・・ちょっと大きいかな? と思うくらいに、ざっくざっく切って、もりもりいただきましょう。
★ポイント!
・肉ははじめ160度の低温であげ、最後、油から出すときに温度を180度にあげることで表面がカリッとした仕上がりになります。

◎材料(4人分)
・豚ロース肉・・・300g (厚さ2~2.5cmのステーキ用を切るとおいしい)

〈肉の漬け汁 A〉
・しょうゆ・・・小さじ2弱
・酒・・・大さじ1

・ゆでたけのこ・・・60g
・玉ネギ・・・1個
・干ししいたけ(水でもどしておく)・・・4枚
・ニンジン・・・1/2本
・ピーマン・・・2個
・パイナップル(缶詰)・・・2枚
・油・・・大さじ3

〈あわせ調味料 B〉
・中華だし・・・カップ1
・砂糖・・・大さじ6
・塩・・・少々
・しょうゆ・・・大さじ3
・トマトケチャップ・・・大さじ2

・酢・・・大さじ2弱

〈水溶き片栗粉 C〉
・片栗粉・・・大さじ2強
・水・・・大さじ4

◎下ごしらえ
1.豚肉は、表面全体に格子目を入れてから、2~2.5cmの角切りにします。
*格子目を入れることで火の通りがよくなり、あんがからみやすくなります。

2.1の豚肉を〈肉の漬け汁 A〉につけておきます。

3.野菜を準備します。
・たけのこ・・・一口大に切る。
・玉ネギ・・・くし型に切って、ほぐす。
・干ししいたけ・・・軸をとって2~3つの削ぎ切り。
・ニンジン・・・たけのこよりもやや小さめに切って4分ほどゆでる。
・ピーマン・・・縦に切り、タネをとって8つ乱切りにし、さっとゆでる。
・パイナップル・・・4つに切る。

4.〈合わせ調味料B〉、〈水溶き片栗粉C〉および酢を用意しておきます。
*火を入れたら一気に仕上げるために、あらかじめ準備しておくのがコツ!

◎つくり方
1.肉に溶き卵と片栗粉を加えて混ぜ、160度の揚げ油で約3分揚げたあと、油の温度を180度にあげてからりと揚げます。

2.中華なべに油を熱して、玉ネギを炒めます。玉ねぎが透き通ってきたら、しいたけ、たけのこ、ニンジンを加えてさらに炒めます。

3.〈合わせ調味料B〉を回し入れ、1分煮ます。

4.最後に〈水溶き片栗粉C〉を鍋はだから回し入れ、手早く混ぜてから、酢を加え、さらに肉、ピーマン、パイナップルを加えて全体をざっくりと混ぜたら火を止めます。

5.熱々を器に盛っていただきます!

●八宝菜
「八宝菜」は、中国広東のお正月料理のひとつです。豚肉や鶏肉、エビ、あわびなどの肉類や魚介類に、たけのこ、しいたけ、にんじん、ピーマンなどのきのこ類や野菜類など、たくさんの具材を炒めてあわせ、片栗粉のあんでとろみをつけた料理です。八宝菜の「八」とは「たくさんの、数多くの」という意味です・・・8種類というわけではないようですね。

★ポイント!
・強火で一気に仕上げるのがうま味を逃さないコツです。
・具材は大きさをそろえて切ることで熱の通りを均一にします。
・具材を鍋に入れる前に、油をよく鍋に馴染ませておくと焦げにくいです。
・具材の量は、鍋の大きさの半分を限度にします。具材が多すぎると温度が下がり、水っぽくなってしまいます。

◎材料(4人分)
・豚肉(薄切り)・・・100g
・小エビ・・・70g
*下味A
・塩・・・小さじ1/4
・酒・・・大さじ1
・コショウ・・・少々
・卵白・・・大1/2個分
・片栗粉・・・大さじ1

・イカ・・・80g
・うずらの卵・・・8個
・ゆでたけのこ・・・60g
・干ししいたけ・・・1枚
・ニンジン・・・1/2本
・白菜・・・2枚
・サヤエンドウ・・・12枚
*中華スープ
・水・・・11/4カップ
・固形中華だしの素・・・1個
・ネギ・・・1/2本
・ショウガ・・・薄切り4枚
*調味料
・塩・・・小さじ1弱
・しょうゆ・・・大さじ1
・酒・・・小さじ2

*水溶き片栗粉
・片栗粉・・・大さじ1
・水・・・大さじ1

・サラダ油

◎下ごしらえ
・豚肉は一口大に切り、えびは殻と背わたを取り、いっしょにして下味Aにつけておきます。
・イカは薄皮をむき、鹿の子に切り目〈*1〉を入れてから2cm角に切ります。
〈*1 鹿の子〉
イカの裏側を上にして、切り離さないように注意しながら5mm間隔に、包丁を斜めに倒すようにして切り目を入れたあと、切り目が十字に交わるようにして方向を変えて切り目を入れます。
・うずらの卵はゆでて殻をむいておきます。
・干ししいたけは、ぬるま湯で戻し、石づきをとって1cmの短冊切りにします。
・たけのこ、ニンジン、ピーマンは大きさを揃えて、短冊切りにします。
・白菜は大きくざく切りにします。
・ネギは1cm幅のざく切り、ショウガは薄切りにします。
・絹さやは筋を取ります。

*中華スープを作ります。
1.ネギはぶつ切り、ショウガは薄切りにして包丁の背で叩きます。
2.鍋に水と固形だしの素、1のネギとショウガをいれ、加熱したら中火にして10分煮、ネギとショウガを取り出します。
3.調味料で味をととのえます。

◎つくり方
1.中華なべ(フライパン)に油を熱し、豚肉、エビ、イカの順に炒めます。

2.1の色が変わったら、野菜類を加え、さらに炒めます。

3.味をととのえた中華スープを加えて煮立てます。

4.水溶き片栗粉を鍋はだから回し入れ、とろみがついたら出来上がり
ご飯にかけると、「五目中華丼」になります!

●たけのこと豆腐の中華風スープ
たけのこは、中華料理のお馴染みの食材です。ネギとショウガの香りが豊かな中華だし「湯(たん)」に、豆腐とたけのこの淡白な風味がマッチした優しい口当たりのスープです。

★ポイント!
・市販の中華だしでも、風味付けのネギとショウガを加えることで風味豊かな中華だしにすることができます。
・ネギとショウガの風味が中華風スープの特長です。ショウガは薄切りにしてさらに包丁の背で叩くと香りがいっそうまします。
・スープに豆腐を入れたら煮立たせないこと。豆腐が崩れ、すが入ってしまいます。

◎材料(4人分)
・豆腐(木綿)・・・1/2丁(200g)
・ゆでたけのこ・・・100g〈参照 たけのこのゆで方〉
・干ししいたけ・・・4枚

*中華スープ
・固形中華だしの素・・・1個
・ネギ・・・1/4本
・しょうが・・・薄切り4枚

*調味料
・塩・・・少々
・わけぎ(万能ネギ)・・・少々

◎下ごしらえ
・豆腐
1.たっぷりの湯をくぐらせて水にさらします。

2.1の豆腐をざるにあげて水気をきり、厚さ1cm、縦、横3cmほどに切ります。
・たけのこ・・・豆腐と同じくらいの長さで薄切りにします。
・干ししいたけ・・・戻して軸の硬いところを取り、細切りにします。
・スープの香りづけのネギは5cm程度のぶつ切りに、ショウガは薄切りにして包丁の背でたたきます。
・わけぎ・・・小口切り。

◎つくり方
1.鍋に水、中華だしの素、香り付けのネギとショウガを入れて、加熱します。

2.1が沸騰したら、しいたけを入れます。中火にし、ネギとショウガを取り出します。
3.たけのこを入れ、最後に豆腐を入れて、塩で味をととのえます。

4.再び沸騰したら出来上がり! 熱々を器に盛り、小口切りしたわけぎを散らして召し上がれ!

●若竹煮
下ゆでしたたけのこをだし汁としょうゆ、砂糖などの調味料で煮たあと、そこにワカメを加えて煮たものを「若竹煮」といいます。新たけのこも新ワカメも、春を告げる食材です。「春先の出会いもの」として煮物や汁物に大活躍の組み合わせです。
★ポイント!
・はじめに濃いめのだし汁でたけのこに味を含ませたあと、だし汁を加えて全体として薄味に整えて煮るとふっくらとした上品な仕上がりになります。
・ワカメはあまり煮過ぎないことが大切。

◎材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・550g〈たけのこのゆで方は下記参照〉
・ワカメ(戻したもの)・・・30g
・木の芽(あれば「山椒の若葉」)・・・12枚
・だし汁・・・カップ6

*調味料
・薄口しょうゆ・・・大さじ3
・砂糖・・・大さじ3
・塩・・・小さじ1

◎下ごしらえ
・ゆでたけのこ・・・約1.5の輪切りにします。
・ワカメ・・・水につけて柔らかくなるまで戻し、3cm幅に切ってざるにあげ、水気をきっておきます。

◎つくり方
1.鍋にだし汁の半量(カップ3)と調味料を入れて味付けしたあと、たけのこを加えて落しぶたをして弱火で約30分煮ます。

2.たけのこに充分に味がしみたら、1の鍋に残りのだし汁(カップ3)を加えて煮立てます。
この段階で、ちょうどお吸い物くらいの味付けに整えます。

3.2にワカメを入れて、1~2分ほど煮ます。

4.器にたけのことワカメを盛り、煮汁をたっぷりとかけ、木の芽をあしらいます。春一番のお味を召し上がれ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

https://aff.celebritytrip.club/ad/1421/647412
お役立ち情報
お役立ち情報