生活百科
生活百科
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

「孤独のグルメ 」

生活百科

「孤独のグルメ 」
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

孤独のグルメとは

「孤独のグルメ」は、1994年から約2年間「月刊PANJA」に連載された漫画で、原作は久住昌之、作画は谷口ジロー。
2008年からは「SPA」で不定期に連載されました。
主人公が立ち寄ったお店で食事をする話で、いろいろなお店でいろいろなものを食べ、料理のうんちくなどはなく、ひたすら食事しているシーンと心理を綴る漫画です。
2009年にはキャラアニでドラマCDを、2010年にはドラマCDのvol.2が発売されています。
さらに2012年からはテレビドラマとしても放送されています。
テレビ東京製作で、深夜に放送されていました。出演者は、主人公の井之頭五郎役の松重豊、その他毎回ゲストが登場しています。
食事シーンをメインとしたドラマで、松重さんが演じる五郎の食べっぷりがいいことから、視ている人の食欲を刺激して夜食を食べる人が増えたそうです。
世間に「夜食テロ」と言う言葉まで生みだしました。

2012年の1月から3月に全12回放送の「孤独のグルメ Season1」。
2012年の10月から12月に全12回放送の「孤独のグルメ Season2」。Season2から放送時間が30分から47分に拡大されます。東京ドラマアワードにて「

連続ドラマ部門優秀賞」を受賞しています。
2013年7月から9月に全12回放送の「孤独のグルメ Season3」。
2014年7月から9月に全12回放送の「孤独のグルメ Season4」。
「孤独のグルメSeason4 特別編」が夕方の4時から放送されました。舞台設定も「博多」と初めて西日本を舞台としています。

テレビドラマでは、スタッフが直接歩いて探したお店を実名のまま使っています。

単行本、文庫本も出版され、8万部を超えるロングセラーになりました。海外でも翻訳版が発売、10万部以上を売り上げました。
1997年に単行本。
2000年に文庫版。
2008年に新装版。
全て扶桑社から発刊されています。
孤独のグルメファンのための公式ガイド本、「孤独のグルメ巡礼ガイド」も発売されています。

<単行本>
1997年10月初版発行。
本体価格1,143円+消費税。
孤独のグルメの漫画第1話から第18話を収録。
巻末には孤独のグルメの特別編として原作者が書き下ろした短編小説「釜石の石割桜 あとがきにかえて」付き。

<文庫版>
2000年2月に第1刷発行。
本体価格600円+消費税。
本の内容は、単行本とほとんど同じ。
同じく巻末には短編小説「釜石の石割桜 あとがきにかえて」付き。

<新装版>
2008年4月に初版発行。
本体価格1,143円+消費税。
本の内容は、単行本などと同じで第1話から第18話を収録。
さらに特別編として「東京都内某病院のカレーの煮つけ」を収録。
巻末に原作者の久住昌之と作画担当の谷口ジローと小説家の川上弘美の「スペシャル鼎談」付き。

「釜石の石割桜」は、単行本、文庫本にのみ収録されています。
原作者の久住昌之の短編小説集「野武士のグルメ」に掲載されているものです。
「スペシャル鼎談」では、新装版を10年ぶりに出すことになったきっかけについて、漫画の取材方法、作成方法などについて対談しています。

<巡礼ガイド>
テレビドラマのSeason1からSeason3に登場した中から厳選したお店を紹介しています。
出演俳優へ撮影の裏話などを聞いたスペシャルインタビューも掲載されています。


登場人物
「孤独のグルメ」、登場人物は主人公の井之頭五郎。輸入雑貨を扱う貿易商です。自由な生き方を好んで、店を構えるとか、結婚するといった生き方を敬遠している40代の男性。
普段はスーツ姿、事務所兼自宅でもスーツ姿。
食事をしているときに人から邪魔されるのを嫌い、行列を嫌う性格。
テンションの高い人が苦手、お酒を飲めない人に対して強要する人が苦手、関西人のノリも苦手。
井之頭五郎は、お酒が飲めず、食事のときにはよくライスのことを気にかけるシーンが多い。甘党で特に和菓子が好き。
注文するとき、仕事で商談するとき以外に会話するシーンはあまりありません。
食事中に気分を害されることがあると、怒りをぶつけることもあります。
喧嘩っ早くて古武術ができるため、気にいらない客や店主に対して武術の技をかけてしまいます。
高級なお店に入ることもたまにありますが、大衆的なお店に入ることがほとんどです。
メニューに対してのこだわりは特になく、隣のお客さんが注文したものを真似して頼むこともよくあります。
食欲旺盛でかなりの大食漢。
定員さんが引くほどの食いっぷりです。

主人公がふらっと立ち寄るお店での出来事になっているため、あとはテレビドラマでも毎回ゲストが登場することになっています。
孤独のグルメがドラマ化されるとき、原作者の久住氏は非常に協力的でした。久住氏はシナリオ協力、劇伴を手掛け意欲的に番組製作に参加しました。
ドラマ化にあたり、久住氏が依頼したことは原作の漫画では、実在するお店をモデルとして使っていますが、ストーリーはフィクションです。
そのためモデルのお店をドラマにそのまま使わないでほしいということだけでした。
ドラマの出来栄えについて、久住氏は、原作にない話だけど原作のイメージはきちんと尊重して作られていてとてもいいと述べています。

孤独のグルメ (扶桑社文庫)

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

https://aff.celebritytrip.club/ad/1421/647412
お役立ち情報
お役立ち情報