生活百科
生活百科
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

孤独のグルメ season4

生活百科

孤独のグルメ season4
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

孤独のグルメ season4

「第1話・東京都清瀬市 もやしと肉のピリ辛イタメ」。
仕事で清瀬駅についた五郎、一仕事終えて駅近くの「みゆき食堂」へ入りました。
メニューの短冊が壁にたくさん並んでいて驚く五郎。
悩みながら、もやしと肉のピリ辛イタメ、ジャンボ餃子のハーフ、味噌ニンニク、ご飯、味噌汁を頼みました。
隣の客のやきとりを見て五郎も追加注文してしまうのでした。
登場したお店
「みゆき食堂」 西武池袋線の清瀬駅徒歩1分、営業時間11:30から22:30、定休日は月、木、日。

「第2話・中央区銀座 韓国風天ぷらと参鶏湯ラーメン」。
仕事で久しぶりに銀座へ行き、銀座をぶらついていると台湾スイーツに惹かれて店内へ入りました。
台湾仙草、天才花茶を頼みました。
その後、銀座の路地で見つけた韓国料理屋へ入りました。
参鶏湯ラーメン、韓国風天ぷら、チャプチェ、鱈の餃子、韓国風のりまき、キムチなどを頼みました。
登場したお店
「三徳堂」 日比谷線銀座駅のB3出口徒歩4分、営業時間は平日12:00から22:00、土日祝12:00から19:00、定休日はなし。
韓国料理「なじみ亭」 JR新橋駅徒歩3分、営業時間18:00から23:20、定休日は土日祝。

「第3話・神奈川県箱根 ステーキ丼」。
五郎は箱根登山鉄道に乗って「宮ノ下」で下りました。
仕事の依頼主に会うため「ならやギャラリー」へ行き店主と話した後、2Fにあるカフェでコーヒー、ならやんを食べました。
ノスタルジック散策路を歩いて、お腹がすいたので、地図で調べた「いろり家」へ行き、足柄牛のステーキ丼などを頼みました。
登場したカフェ
「NARAYA CAFE」 箱根登山鉄道宮ノ下駅すぐ、営業時間10:30から18:00(12月から2月は17:00)、定休日は水曜、第4木曜。
「いろり家」 宮ノ下駅徒歩8分、営業時間11:30から13:30、18:00から22:30、定休日は木曜。

「第4話・東京都八王子市 ヒレカルビとロースすき焼き風」。
八王子市の小宮町を訪れた五郎。
仕事を終えた後、お腹がすいてお店を探したのですが、駅前にお店がなく、必死に探してやっと一軒の焼肉店を見つけました。
ロースすき焼き風、豚足、ヒレカルビなどを頼みました。
登場したお店
「大幸園」 JR八高線小宮駅徒歩7分、営業時間平日17:30から23:00、土日祝17:00から22:30、定休日は水曜。


「第5話・愛知県日間賀島 しらすの天ぷらとたこめし」。
お客さんへ品物を届けるため愛知県の師崎港へはるばるやってきた五郎。
お客さんがいなかったので、事務所のある日間賀島へフェリーで渡ることにしました。
島内は貸自転車で移動、依頼主を探しながら途中「キッチンBarca」の焼きだこを食べました。
依頼主を見つけてやっと品物を渡せたので、港のすぐ目の前の食堂へ入り、大アサリ、赤車海老、しらす天ぷら、たこめしなどを食べました。
登場したお店
「キッチンBarca」 魚介料理の店、営業時間8:30から16:00、定休日は水曜。
「御やど乙姫お食事処桂三」 営業時間11:30から14:30、定休日はなし。

「第6話・東京都江東区木場 チーズクルチャとラムミントカレー」。
木場で仕事を終えた五郎は、お腹がすき目に付いたインド料理のお店へ入りました。
ラムミントカレー、チーズクルチャなどを頼み、魔性のカレーの味の虜になりました。
登場したお店
「カマルプール」 東西線木場駅徒歩5分、営業時間は月曜から土曜11:30から14:00、17:00から23:00、日曜17:00から22:00、定休日はなし。

「第7話・東京都台東区鳥越 明太クリームパスタとかつサンド」。
お客さんと会った後、おかず横丁を歩く五郎。
漬けもの、かぼちゃの煮物などを朝食用に買いました。
お腹がすいたので見つけた居酒屋へ入り、本格的な生ハム、明太クリームパスタ、名物かつサンドなどを食べました。
登場したお店
「居酒屋まめぞ」 JR総武線浅草駅徒歩7分、営業時間11:30から14:00、17:30から23:30、定休日は日曜、祝日。

「第8話・東京都杉並区阿佐ヶ谷 オックステールスープとアサイーボウル」。
仕事で阿佐ヶ谷駅へ来た五郎。
商店街を歩き目にとまった駄菓子屋で子供たちが10円ゲームをしていたので五郎もやってみましたが、きな粉バー1本ゲットしただけと結果はさんざん。
依頼人のいるビリヤード場へ行き商談を終えた後、目に付いた「ヨーホーズカフェ」へ。
オックステールスープ、ライス、アサイーボウル、モチコチキンなどを頼み、御主人の楽しいハワイの話を聞きながら完食しました。
登場したお店
「YO-HO's cafe Lanai」 JR阿佐ヶ谷駅徒歩4分、営業時間は平日11:30から14:30、17:30から23:00、土日祝13:00から23:00、定休日は月曜。


「第9話・東京都渋谷区神宮前 毛沢東スペアリブと黒チャーハン」。
孤独のグルメでは、ドラマのロケをお店の営業開始前あるいは定休日の日中に行っているそうです。
お店の営業中の夜、撮影しようとすれば貸切になるため、費用がかさむからです。
そのためドラマでは日中のシーンばかりあるのです。
仕事で神宮球場近くへ行った五郎。
仕事帰りお腹がすいたため、看板が目に付いた「家庭料理鉄板中華」に入りました。
蒸し鶏、天使の海老ロンジン茶炒め、毛沢東スペアリブ、黒チャーハンなどを食べました。
登場したお店
「シャンウェイ」 銀座線外苑前駅徒歩5分、営業時間は11:30から14:30、18:00から23:00、定休日は不定休。

「第10話・東京都江東区枝川 ハムエッグ定食とカツ皿」。
お客さんからの急発注の商品を探すため倉庫へ行き届けた後、再び倉庫整理をした五郎。
お腹がすいたため「アトム」というお店へ入りました。
ハムエッグとカツ皿、奴豆腐、おひたしを注文して、慣れ親しんだような味に満足する五郎でした。
登場したお店
「レストラン アトム」 JR潮見駅徒歩10分、営業時間11:00から20:00、定休日は日曜、祝日。

「第11話・東京都大田区蒲田 海老の生春巻きととりおこわ」。
仕事で蒲田駅の事務所を訪れた五郎、仕事の後、蒲田の町でベトナム料理のお店を見つけて入りました。
海老の生春巻き、肉入りおもち、とりおこわなどを頼み、ゆったりとした時間を楽しみました。
登場したベトナム料理のお店
「THITHI」 JR蒲田駅徒歩4分、営業時間は平日17:00から23:00、土日祝12:00から22:00、定休日は月曜。

「第12話・東京都渋谷区恵比寿 海老しんじょうと焼きおにぎり」。
恵比寿神社の近くで男性が落とした100円ライターを拾って渡してあげた五郎。
仕事の後に通りかかった居酒屋の前にその男性がいて、烏龍茶をおごってもらいました。
その他に焼きおにぎり、アジフライ、海老しんじょう、スープなどを頼みました。
登場した居酒屋
「さいき」 JR恵比寿駅徒歩2分、営業時間17:00から24:00、定休日は土日祝。

「特別編」
深夜枠のドラマがSeason1から4まで放送されるとさらに特別編としてスペシャル番組が放送されました。
孤独のグルメは東京都内でのロケが多いのですが、スペシャル番組では五郎が福岡県の博多まで飛びました。
Season4が放送されたのは2014.7から2014.9で、スペシャルはその間の2014.8.9に放送されました。

仕事で博多を訪れた五郎は、久しぶりに友人に会いました。
仕事までの間、小腹がすいたため、小松政夫演じる店主がいるうどん屋へ入りました。
丸天うどんをおいしくいただき店を後にしました。
その後、商工会議所でプレゼンを済ませて、中州へ行きました。
店内には博多弁が飛び交い、雰囲気に押されながらも、鯖ごま、変わり茶碗蒸し、若鶏のスープ炊きなどを堪能します。

登場したうどん屋
「みやけうどん」 地下鉄箱崎線の呉服町駅徒歩2分、営業時間11:00から18:30(土曜は17:30)、定休日は日曜、祝日。
割烹、小料理屋「味の店 一富」 地下鉄箱崎線の中洲川端駅徒歩4分、営業時間18:00から26:00、定休日は日曜、祝日。

みやけうどんがある呉服町周辺には、昭和を感じさせる建物が多くあり、その中でも一際目立つのがこのうどん屋です。
年季の入った看板、のれん、ちょうちん、雰囲気のある店内。
うどんはとても素朴な味で極太麺です。
ねぎが自分で入れ放題なのもうれしいサービスです。

このスペシャルでは、舞台が博多と言うこともあって、登場しているゲストの多くが福岡出身者です。
小松政夫さん、中村ゆうじさん、りりィさん。
さらに小料理屋の店内にいたお客さんたち、博多弁を話していた地元客役は、福岡よしもとの芸人さんたちです。
ちなみい主役の五郎を演じている松重豊さんの出身も福岡です。


「さいごに」

テレビドラマでお店は実名で放送されたため多くの孤独のグルメファンが押し寄せます。
ドラマで五郎が食べたものと同じメニューを注文するので、お店の人にもすぐにファンだとわかるそうです。
放送された直後は特に混雑するようです。お店の人に聞いたところ孤独のグルメファンには、特徴があるそうです。
ドラマの主人公の五郎が静かな客であったため、どのファンも静かに待ってくれるそうです。混雑していて、かなり時間がかかるとしても、待ってくれるし、後片付けまで手伝ったファンもいるそうです。
孤独のグルメのファンは、五郎になった気分でその店にやってくる、だからこそ五郎のように静かに食べて帰って行くのです。
他のテレビ番組で放送されたものの場合、ミーハー的に騒ぐお客さんもかなり多いようですが、孤独のグルメのファンは静かなので店側も大変ありがたいそうです。
そしてもう一つの特徴として、何度もリピートすることが挙げられます。一度だけではなく、何度も店の雰囲気、味、孤独のグルメの世界を楽しみにやってくるそうです。
原作、ドラマ共に五郎は、物を食べるときには、独り静かに、誰にも邪魔されずに食べるのがいいということを話しています。
たまにこの空間を邪魔されたときにだけ、アームロックをかけるなどして怒りを表します。
料理と向き合って行儀よく食べることで、料理の味、サービスをきちんと知ることができて、そのお店のファンにもなることができるのです。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

https://aff.celebritytrip.club/ad/1421/647412
お役立ち情報
お役立ち情報